【吉水神社】千本桜を一望できる吉野の吉水神社とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

春爛漫、桜のシーズンに「吉水の一目千本」と言えば、説明不要の人気ぶりを誇るスポットです。吉野山の千本桜が一望できるロケーションを持つ吉水神社は重要文化財なども置かれており、歴史好きには垂涎必至の観光地。そんな吉水神社の魅力に迫ります。

吉水神社の歴史


出典:Wikimedia Commons

吉水神社は、奈良県の吉野郡に位置している神社です。その歴史は古く、白鳳年間に建設されたと言われています。ちなみに、その当時は、「吉永神社」という呼び名ではなくて、「吉水院」と呼ばれていました。

南北朝時代に後醍醐天皇が吉野に潜幸した際に、宗信法印の援護を受けて吉水院に行宮を設け、一時的な居所にしたというエピソードが歴史好きの間では有名です。後醍醐天皇が崩御した後は、後村上天皇が後醍醐天皇の像を作製して、吉水院に奉安しました。

明治時代に入ると、天皇を仏教葬式で供養をするシステムが問題視されて、「吉水院」から「吉水神社」に改名する案が提案されました。そして、明治8年の2月25日に、現在の名称である吉水神社に改称されたのです。

吉水神社は日本最古の書院建築


出典:Wikimedia Commons

吉水神社は、日本最古の書院建築として、国の重要文化財に指定されています。そんな背景もあって、吉水神社の中には、たくさんの文化財が所蔵・展示されているのです。

展示物で特に有名なのは、御醍醐天皇御物、義経が着用していた鎧、豊臣秀吉が愛用していた金屏風などです。これらの貴重な展示物は、手を伸ばせば触れるぐらいの距離に展示されているので驚きです。重要な文化財を心ゆくまでじっくり鑑賞できますよ。

吉水神社の御利益

吉水神社の御利益で有名なのは「縁結び」です。その背景にあるのは、「義経と静の大恋愛」です。この場所と2人ちなんだ、次のような有名な歌があります。

「吉野山峯の白雪踏み分けて入りにし人の跡ぞ恋しき」。

これは、義経と静御前の恋物語を歌った歌です。吉水神社ではこの歌にちなみ、お守りやおみくじを販売しています。お守りは2種類用意されていて、「桜花まもり500円」と「えんむすび守500円」があります。おみくじは、「恋みくじ200円」のみです。訪れた際は、是非ご利益にあやかってみてはいかがでしょうか?

吉水神社・一目千本桜の魅力

出典:写真AC

吉水神社の魅力は、重要文化財や御利益だけではありません。なんといっても外せないのは、「一目千本桜」です。吉野山周辺の桜スポットではもっとも有名と言っても過言ではないでしょう。

吉水神社の境内から見渡せる一目千本桜の景色は、中千本と上千本の桜を同時に楽しむことができる大パノラマ!全国に散らばる桜スポットでも屈指のダイナミックさで、なかなかお目にかかれないその景色は、インスタ映えも狙えるスポットとして大人気です。毎年、全国各地から多くのリピーターや観光客が足を運んでいます。

それにプラスして、吉水神社の階段下から眺める桜の景色も圧巻です。ここからは、蔵王堂とセットで桜を楽しむことができます。

ちなみに、こちらのスポットは、豊臣秀吉が花見をしたスポットとして有名です。その花見は盛大なもので、大変な盛り上がりを見せたとか。重要文化財として飾られている豊臣秀吉が愛用した「金屏風」は、この時の花見で使われていたそうです。

吉水神社の魅力

いかがでしたでしょうか?今回は、吉水神社の魅力に迫ってみました。

吉水神社は、歴史好きならチェック必須のスポットです。美しい桜をたっぷり堪能できますし、恋愛成就にも定評があるので、是非足を運んでみたいところです。おみくじやお守りは持ち運びにも便利で可愛らしいデザインになっているので、お土産にもぴったりです。奈良県の吉野郡周辺にお越しの際は、是非遊びに行ってみてください。記念撮影もお忘れなく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す