木工職人の仕事を紹介|気になるなり方や将来性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木工職人とは

木工職人は、木工で様々なものを作り、それを販売する人たちになります。

個人で活躍している人もいますし、そうではなく木工の家具会社や工芸品の会社に勤めている人も多いです。極めて高い細工の技術を有しており、一人前になるまでには、長い修行が必要になります。

工作機械を使うことは当然ありますが、あくまで手作業による細工によって大きく人との差をつけることが出来る部分があり、個人的にファンが付くこともあります。

木工職人の仕事

出典:写真AC

木工職人はその名の通り様々な木製の物を作ることになります。作るものは箱や家具など様々なものです。

製の家具でも、最近ではオートメーション化されている製造によって作られていることが多いですが、手作りが欲しいという需要も多くあります。

特にオーダーメイド型ですと、お客さんとの綿密な連絡と話し合いが必要になり、一生の一つの家具を提供するという責任感のある仕事をすることになります。

木工職人の年収

木工職人の中でも、家具工の平均年収がおよそ330万円というのから分かるように、木工職人の年収は決して高くはありません。しかし人気の作品を作ったり、固定客がついたりしますと十分に高収入となります。

勤務体系は働いている場所によります。正規雇用であれば、休みも普通の仕事のようにしっかりとあります。また、請負のような形で働いている人もいます。

会社組織に属してやっているのであれば福利厚生は当然、普通の会社と同じです。厚生年金や健康保険などもあります。

木工職人のメリット、デメリット

出典:写真AC

木工職人は自分を技術一生ものとして、働いていくことができます。

身につけた木工の技術というのは錆びることがありませんし、生涯の宝となるでしょう。また、オーダーメイドのものは、そのお客さんの一生の道具になることが多く、それを提供できる誇りを得ることができます。

デメリットとして決して年収としては高くないことが多い点。また、手作りには確かに魅力がありますが海外の大量生産できる木工製品に押されている現状があるということです。

木工職人に向いている人

木工職人はとにかく細工が命になります。

したがって、努力の部分もありますが、手先が器用であることは必要です。

また修行の期間もあることから、コツコツとやっていくことに抵抗感がない、というのも重要です。そういった下積みに耐える忍耐力が木工職人になるには必要です。

木工職人の将来性

出典:写真AC

最近では一点物の木工商品に人気が出ていますし、作者として知名度が高くなれば、十分に稼いでいくことができます。

但し、他国の安価な労働力で、手作りに近いような木工品が多く出回るようになっているのが木工業界です。その為、安泰とは言い切ることはできないかもしれません。

しかし、手に職が付くということは間違いありませんまた、。人が住居にすむ限り、木工製品が無くなることはありませんので、厳しい世界ではありますが、木工職人は社会に必要されなくなることはないでしょう。

木工職人のなり方

木工職人になるには、技術学校に行くか職人の弟子になるという方法があります。

特に資格はなくても問題ありませんが、問題は技術があるのかどうかということです。

弟子入りも必須ではなく、今はネット販売などで個人的にやっている人もいますから、技術が物を言う世界です。

しかし、伝統的な技法などを身につけたいのであれば弟子入りは必須といえる部分です。

木工職人にある日本の伝統技術を受け継ぐ責任

出典:写真AC

日本にも多くの木工の伝統技術があります。そうしたものを引き継ぐ、受け継ぐことができるのが木工職人の一つの魅力かつ責任です。

また、木工職人は自分の技術一つで生きていくことができる、ということもやりがいの一つになります。木工職人として雇われることもできるでしょうし、自分で最終的に工房を持ってオーダーメイドを作る、といったやり方も可能です。

技術と人脈、顧客からの信頼があれば、木工職人として十分にやっていくことはできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加