日本のものづくりを支える職人たち|職人の仕事を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中は実にさまざまな仕事にあふれています。これらの仕事をすべて端から端まで一覧することは難しいでしょう。しかしながら、全てではないものの、それらの仕事のうちできるだけ多くのものに触れておくことには価値があると思いませんか。

「あのときこんな仕事があるって知っていれば…」という後悔をしないためにも、なりたい職業の選択肢を増やしておくことは有効です。

仕事と産業、そして私たちのまだ知らない職業について、ちょっとだけ思いを巡らせてみましょう。

仕事と産業の関係

https://pixabay.com/

仕事の業種の分類の仕方は複数存在しています。有名なのは、第1次産業、第2次産業、第3次産業という分類方法です。この産業分類はイギリスの経済学者であったコーリン・クラークが提唱したものです。

第1次産業は農業や漁業、林業などといった自然界に直接働きかけることで収入を得る仕事を指します。第2次産業は建設業、製造業、電気・ガス業等のような、第1次産業によって採取した原材料を加工し収入を得る仕事を指します。第3次産業は第1次産業にも第2次産業にも該当しない、無形財のサービス業や小売業などを指します。

コーリン・クラークはこれら3つの産業の関係性について、経済発展が産業の主軸を、第1次産業から第2次産業、第3次産業へとシフトさせると提唱しました。日本での各産業の就業者数の割合は、おおよそ第1次産業が5%、第2次産業が25%、第3次産業が70%とされています。このことから、日本でも第3次産業へのシフトがかなり進んでいると分かります。

仕事を得るために奔走する私たち

https://pixabay.com/

さまざまな種類の仕事があるからこそ、就職活動ではその選択肢の多さから、どんな仕事を選ぶかに悩んでしまうでしょう。求人一覧や説明会の参加企業の一覧を見ても、自分がどんな仕事に興味があるのかかが決まっていないと、ただただ頭を抱えるだけです。

しかし、頭を抱えるだけでは先に進みません。時間が無限にあるわけではない中で焦燥し、自分の希望と離れた企業を妥協して選び、数年後には「こんなはずじゃなかった」と感じて、苦労して就職した企業を離れてしまう人もいるかもしれません。

また、希望する企業に就職できたものの、思っていた仕事の内容と違っていて、そのギャップに悩んでしまうということもあるでしょう。 実際は自分の希望に即した企業と出会って長期勤続する人のほうが少数派であり、誰もかれも自分の仕事に100%満足しているわけではないようです。

大学新卒の約3割は入社3年以内に離職しています。そのうち約1割は1年以内に離職しているのです。 「とにかく内定をもらうことが最優先」の世の中では、なかなか自分の希望を細かく掘り下げ優先させることは難しい状況です。しかしそれこそが、仕事へのモチベーションが続かなくなってしまう一因でもあるのでしょう。

世界的に注目される日本の職人の仕事

https://www.photo-ac.com/

世の中にたくさんの仕事がある中で、意外と下火なのが「職人」という仕事です。みなさんは「職人」としての働き方に魅力を感じたことはないでしょうか。職人は人の手を使った仕事で、第2次産業の一旦を担います。中には日本に古くから伝わる「伝統工芸」に携わり、その技術をもとに生産・加工し生計を立てる職人もいます。

しかしながら、彼らの役目は自分の仕事をするだけではないのです。その技術をさらに高めつつ、次の世代へと技術や文化を継承し、将来に残す役割も担っているのです。 日本の職人の伝統工芸は、世界的にも注目されつつあります。中にはこの伝統工芸を目にすることを目的として日本に来る観光客もいるほどです。

観光客の需要や海外への輸出も増え、日本の伝統工芸は広がりを見せつつあります。 時間をかけて手作りされた商品は何世代にも渡って長く大切に利用できることも、日本の伝統工芸品ならではの特徴と言えるでしょう。

職人の多くはその技術を専門の養成施設で学び、その後先輩職人がいる工房に就職し、技術を磨いていくのが一般的です。業を極めて独立する人もいるでしょうし、工房を継ぐ人もいるかもしれません。 昔は工房に直接出向き、弟子入りさせてもらった上で住み込みで仕事をし技術を得るというのが一般的でしたが、時代の流れとともに職人になるための入口も大きく変わってきているようです。

手仕事で活躍する職人の種類

https://www.photo-ac.com/

職人はいわば、伝統的な技術を引き継ぐ専門職と言うことができます。手仕事で行うものの背後には「職人」の存在があると言うこともできるでしょう。 「職人」が存在する職種は、伝統工芸、建築・建設、工業、食の大きく4つの業種に分けることができます。

伝統工芸では、昔から日本に伝わる伝統的な技法を用いて工芸品を作ります。その種類は実に様々で、織物や染物、組紐、漆器、陶磁器、木工品等が代表として挙げられます。

建築・建設では、家屋やビル等の建物や土木工事、解体作業等を行います。日本建築に基づいた建物を建て、日本ならではの感性で庭園を造り、建物の中に表具などの内装をほどこす専門の職人も存在します。

工業では、機械を用いて生産物を製造するのが普通ですが、その機械の使用方法に手作業が組み込まれていたり、商品の加工を手作業で行うなどの力が必要になります。中でも金属加工や機械、繊維を扱う仕事では顕著な特徴です。

食では、料理や菓子、調味料などを生産する職人がいます。繊細な味覚を要求する和食や和菓子の職人と聞くと、しっくりくる方も多いのではないでしょうか。その食品の味だけではなく、見た目に華やかさや風流さを出すために技術を駆使し、鮮やかな見た目に整える職人の粋な心遣いに心踊らされる人も多いでしょう。

これらの職人の中でも、特に伝統工芸については伝統的工芸品産業振興協会がその従事者数を把握しており、平成25年時点でおおよそ7万人ほどいると言われています。ピークであった昭和59年に30万人以上いたことを考えれば、大きく減少していると言えます。

職人の仕事が一覧で見れる職人図鑑を見る

職人の手仕事産業は後継者不足が深刻

https://www.photo-ac.com/

手仕事産業は従事者数の激減のために、その伝統的な技術が衰退の危機にさらされています。技術の高さや生産・加工行程の素晴らしさから一目置かれ、長きに渡って受け継がれてきたような技術も、従事者の減少には太刀打ちができなくなってきています。

この従事者の激減の背景には、消費社会の中で、質と価格を両立する大量生産商品が需要の中心になってきたことが挙げられるでしょう。手仕事産業の中で受け継がれてきた技術も、時代の変化とともに消費者のニーズの変化に対応できなくなってきました。手仕事産業に従事する者が減り、減ったことで手仕事産業従事者への生活の保障が手薄になり、さらに従事者が減る、という悪循環が生まれています。

この流れを断ち切るための努力として、伝統工芸品の人気を高めるために職人の一覧をつくり、各地に宣伝し後継者を募集・育成するなどの取り組みが行われています。また、伝統的な技術を習得できる施設を一覧的に取りまとめて情報提供を行うなどの取り組みも、一部で成果を見せはじめています。

職人のやりがい・メリット

https://www.photo-ac.com/

職人の仕事は生産・加工品ひとつひとつが手作業であり、二度と同じものができないからこそ、自分の納得のいくものが仕上がったときの喜びはひとしおです。自分の技術や工夫を活かしたものが誰かの心にちゃんと届いたという実感は、大きなモチベーションになります。

手仕事の美しさや質の良さに驚く消費者は意外にも多く、またそのニーズも日本だけにとどまりません。世界でも日本の職人の技術に注目が集まっています。その技術を一目見るために、わざわざ日本の工房に訪れる人もいるほどです。

日本の職人の細やかさや繊細さ、時に荒々しさを兼ね備えた「動」と「静」という日本独特の感性のもと生み出される伝統的工芸品の素晴らしさは万国共通、場所や時代が変わっても不変のものなのです。その技術の高さは、日本人ならぜひ一度自分の目で確かめ、胸に留めておくとよいでしょう。

いろんな仕事を知ろう

https://www.photo-ac.com/

知らないことに触れることで、さらに自分の知らないことに気づき、自分の考えを深めることができます。ほかの世界があることを仕事を知らずにひとつの仕事を納得もせず続けるのと、多くの仕事を知っていてその中から自分の意志で選び取ったひとつの仕事を続けるのとでは、仕事に対して抱く気持ちも大きく違うことでしょう。

与えられたものをこなすだけが仕事ではありません。より良い仕事にしていくための技術やアイデアが必要になるのです。そのために必要なのは「気づき」です。さまざまな気づきを得るためにも、たくさんの仕事を一覧し、できれば体験した上で自分の考えを深めるとよいでしょう。

私たちは大学を卒業すればおおよそ45年間働くことになります。自分の納得できる仕事をするために、世の中の仕事を一覧し体験するプロセスは非常に重要と言えるでしょう。

様々な仕事が一覧できる職人図鑑を見る

体験ができる職場一覧を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す