沖縄を感じる定番・ディープな体験&アクティビティスポット9選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の国内旅行といえばやはり沖縄ですよね。旅費も安く、気軽にリゾート気分を味わえるのが大きな魅力です。歴史や自然を心行くまで堪能でき、ショッピングも楽しめてしまうので、どんな人のニーズにも合いやすいのではないでしょうか。

そんな沖縄には体験ができるスポットも多く、体験プログラムが盛り込まれたツアーなども数多く存在します。こちらでは沖縄のおすすめの体験スポットを紹介します。最初から体験したいものが決まっていれば、体験込みのツアーがお得ですよ!

沖縄を感じる体験その1:沖縄の守り神シーサー作りを体験

出典:写真AC

沖縄の守り神として有名なシーサーは、伝説の幻獣であり、沖縄では魔よけとして門前や屋根の上などに飾られています。一見怖いように見えて愛らしいのが魅力ですよね。そんなシーサーの置物はお土産としてもピッタリ。丈夫で持ち帰りやすいのもいいですよね。

沖縄ではシーサーの手作り体験をすることが出来ます。琉球土を使い、世界に一つだけのオリジナルのシーサーを作ってみませんか?粘土をこねて形成し焼き上げた後、色付け体験もできるので、さらにオリジナリティが出せますよ。

あまりシーサー作り体験に時間を割けないという方は、あらかじめ作られているシーサーに色付けだけをすることもできます。

沖縄を感じる体験その2:沖縄の海をそのまま閉じ込めた、琉球ガラス体験

出典:写真AC

沖縄の有名な工芸品といえば琉球ガラスですよね。海のような鮮やかな青色は目にも涼し気です。そんな琉球ガラスを使ったお土産を、自分で作ることも出来ます。琉球ガラスの工房の中に入り、職人さんに手伝ってもらいながら、自分だけの琉球ガラスのグラスを作ることができます。

そのほか、琉球ガラスのビーズやペンダントトップなどを利用したアクセサリー作り体験や、琉球ガラスのパーツを組み合わせて貼って作る、フォトフレーム作り体験なども出来ます。こちらは小さいお子さんでも気軽に参加できるので、ご家族で楽しめますよ。沖縄の思い出のお土産として最適です。

沖縄を感じる体験その3:ミネラル満点沖縄の健康食黒糖作りを体験

出典:写真AC

沖縄のサトウキビ畑は有名ですよね。歌の歌詞に使われたり、映画やドラマでも度々登場するロケーションでもあります。このサトウキビ、そのままかじっても甘くておいしいのですが、サトウキビを使用し作られた黒糖はおいしさが凝縮されており栄養満点。そんな黒糖作りを、自分で体験することも出来ます。

採りたてのサトウキビを潰して汁を絞り出したものを、ゆっくりと煮詰めながら作った出来立ての黒糖は、天にも昇る美味しさ!その過程の労力もあり、おいしさもひとしおです。ぜひとも一度は味わっていただきたい天然の風味です。

沖縄を感じる体験その4:ミンサー織体験

出典:写真AC

八重山で婚約の証として織られていた「みんさー織」。五つと四つの柄が交互に配されており「いつの世までも末長く」という意味もあるそうで、女性が愛する男性に贈ったそうです。

そんな伝統のみんさー織を体験できるスポットもあります。みんさー織は上品で素朴な色合いが親しみ深い雰囲気で人気です。かばんや財布など、みんさー織を利用した様々なグッズもあり、インテリアとしてそのまま使用しても最適です。カップルで伝統工芸みんさー織を体験して贈りあってみるのはどうでしょうか?

沖縄を感じる体験その5:沖縄の音楽を奏でよう 三線体験

出典:写真AC

沖縄の楽器といえば三線。胴の部分に蛇の皮を張り三本の弦を張り渡したもので、単音で奏でる楽器です。沖縄では色々な場所で三線を聞くことができ、まるで聞くだけで沖縄の海を想像してしまうようなその音色に心もうっとりしてしまいます。

沖縄に来たらこの機会に、沖縄の音楽に触れてみてはいかがでしょうか?三線を体験できるスポットも数多く存在しています。奏法は以外のも簡単なので、勘の良い人ならすぐに1曲マスターできるかもしれません。楽器に触れたことがなくても難しく考えることはありませんよ。

沖縄を感じる体験その6:子供にも人気!紅芋タルト作り

出典:写真AC

沖縄土産は数々ありますが、子供からお年寄りまで人気なのが紅芋タルトです。紫の鮮やかさが食欲をそそります。甘すぎずいくらでも食べられる優しい味わいが人気ですよね。どうせならば、その紅芋タルトを手作りしてしまいませんか?

沖縄には、お土産の紅芋タルト作り体験できるところがあります。お世話になっている方に手作りの紅芋タルトを渡せば、さらに喜んでもらえるはず!作る工程もあまり難しくないので、料理初心者さんにもおすすめです。紅芋タルトを入れる箱もオリジナルで作れるところもあるので、オリジナリティを出してみてはいかがでしょうか?

沖縄を感じる体験その7:シュノーケリング体験

出典:写真AC

やはり沖縄に来たからには、きれいな海を堪能したいですよね。スキューバダイビングで沖縄の貴重な海の生物たちに会うことも出来ます。スキューバは苦手だという方には、シュノーケリング体験付きのツアーもあります。ウミガメと一緒に泳ぐシュノーケリング体験や、魚の餌付け、青の洞窟に入れる体験などもあり、潜らなくても十分楽しめます。

ライフジャケット着用のため、「ダイビングはちょっと自信がない」という人や小さな子供が参加しても安心です。鮮やかな熱帯魚や美しいサンゴをゆっくりと泳いで眺めれば、一気に日頃のストレスも解消できるのではないでしょうか。

沖縄を感じる体験その8:鮮やかな魚を釣る沖縄釣り体験

出典:写真AC

沖縄の珍しい魚に出会える、沖縄釣り体験などもおすすめです。釣り竿などの道具を持ってこなくても、手ぶらで出来るのが便利ですよね。沖縄ならではの魚が多く釣れるので、釣りが趣味だという人にはたまらないのではないでしょうか?

釣りの経験がなくても、丁寧に教えてもらえるので心配ありません。人数が多ければ、船を一台貸切ってトローリングするのがいいでしょう。沖合でしかお目にかかれない魚も多くいるのでおすすめですよ!釣った魚はその場で刺身やから揚げなどに調理してもらうことも可能なので、釣りを楽しんだ後は沖縄の味を満喫してくださいね。

沖縄を感じる体験その9:沖縄琉装体験

出典:写真AC

沖縄にはかつて、琉球王国が存在していました。今でも沖縄琉装の伝統は受け継がれています。琉球王国時代に、王族や士族が着用していた伝統衣装を身にまとい記念撮影できる、沖縄琉装体験もあります。

琉球ならではの鮮やかな色彩とオリエンタルな雰囲気は、着るだけで一気に気持ちが高揚してしまいます。色合いも明るいので、女性の顔も健康的に美しく見えるのではないでしょうか。沖縄旅行の記念に、伝統衣装を着て写真を撮ってみてはいかがでしょうか?カップルや夫婦で記念撮影するのもおすすめですよ。

ちょっと珍しいディープな沖縄体験:海馬遊び

沖縄でしかできない変わったマリンスポーツといえば、海馬遊びです。なんと、乗馬したまま海に入ってしまうという、珍しいマリンスポーツです。深いところであれば、馬の尻尾につかまりながら泳ぐこともできますよ。

通常の乗馬では落馬が心配というご両親にも、安心して子供を乗馬させることが出来るかもしれません。まさに沖縄の風土が生んだ伝統のマリンスポーツですね。

このほかにも、沖縄にはまだまだ隠された体験スポットがたくさんあります。何度行ってもその魅力が尽きることはありません。作ったものをお土産に持ち帰ることができる体験も数多くあるので、思い出にも残ります。沖縄に訪れた際には、新たな体験をしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加