空間デザイナーの仕事|気になる年収や必要な資格、向いている人は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中に仕事は数多くあれど、やはり自分のセンスを使ってできる仕事は魅力的に思えますよね。

「空間デザイナー」という仕事も、そうしたクリエイティブなセンスの活かせる仕事の一つです。年収から資格の必要性まで、「空間デザイナー」の職業事情を解説します。

空間デザイナーとは

まず空間デザイナーとは、空間そのものをデザインする職業です。店舗、イベント会場、店のウィンドウからインテリアまで、空間にまつわるプロデュースを行います。家具や調度品だけでなく、壁紙や照明などのデザイン・手配・設置も行います。とにかく与えられたスペースを、一から十まで作り上げていくのが仕事です。

空間デザイナーの仕事

空間デザイナーは、デパートやショッピングセンターの売り場に、バランスよく椅子やテーブルを配置するのが仕事です。また、広告を貼る位置のバランスをとったり、店の雰囲気に合った材質を選んだりもします。このような内容は、クライアントと相談しなければなりませんので、クライアントの意向を汲み取る力が必要です。

空間デザイナーの年収/勤務体系/福利厚生

空間デザイナーは一般的に事務所に就職するので、サラリーマンと同じでお給料をもらう形になります。月給で言うと、20万円前後からのスタートです。よって最初の年収は200万円半ばあたりになるでしょう。

ボーナスもプラスされるので300万円ほどにになることもあるかもしれませんが、独立すればもうちろんこのようにはいきません。上手く顧客を獲得できれば年収も上がります。ですが、戦略的に世渡りなどができなければ年収ゼロということもありえるでしょう。

空間デザイナーのメリット・デメリット

yuu.styleさん(@yuu.style.yuu)がシェアした投稿

空間デザイナーのメリットは、独立し実績を残して名前を売れば、年収1000万円オーバーも不可能ではないことです。実力主義の世界なので、頑張り次第でどこまでも可能性を広げられる夢のある仕事です。

デメリットは、独立までの道のりが長い、正確には独立後に一定の収入を得られるようになるまでの道のりが長いということでしょう。空間デザイナーは専門職ではありますが、一般の事務所に就職した場合に、他の職業よりも給料が群を抜いて高いというわけではありません。また、頑張って独立したとしても、ネームバリューがなければ年収はむしろ下がるので、リスクが大きいこともデメリットのひとつでしょう。

空間デザイナーに向いている人・向いていない人

空間デザイナーに向いてるのは、まず空間センスや色彩センスがある人です。空間デザイナーというぐらいですから、空間を掴み取るセンスは必要不可欠。また、そこに配置する色のセンスも必要になります。図工や美術、デザイン関係が得意な人は向いているかもしれません。

また、きちんとスケジュール管理する能力のある人も空間デザイナーに向いています。仕事は必ず納期があり、スケジュールに余裕が持てないことも多々あるでしょう。そんなときにきちんと時間管理・スケジュール管理できる人は重宝されるに違いありません。

また、ちょっと意外かもしれませんが、体力も必要です。なぜなら、クライアントの要望に応えるために、何回もリテイクしなければならないことがあるからです。残業が増えたり、時にはデザインを0から組み立て直さなければならないこともあるでしょう。そんな時にも、めげない体力と精神力が必要です。

逆に向いていない人は、色覚や空間把握のセンスに自信のない人、締め切りを守れないなどのスケジュール管理能力のない人、気力の続かない人などです。クライアントの要望を読み取らなければならないことも視野に入れると、コミュニケーションが苦手な人も空間デザイナーには向かないといえるでしょう。

空間デザイナーの将来性

空間デザイナーの将来性は、これからも十分にあると思われます。なぜならインターネットやSNSの普及によって、顧客の獲得が以前より簡単になっているからです。

人々の美的センスを唸らせる空間を求めているクライアントは、世界中で増え続けています。センスが認められ、固定客を獲得できれば将来性は問題ないと言えるでしょう。その代わり、これまで以上に世の中に対するアンテナを研ぎ澄まし、勉強を続けていくことも必要になります。

空間デザイナーになるには

空間デザイナーになるのに、特別な資格は必要ありません。しかし、有利になる資格はあります。

例えば、「インテリアコーディネーター」です。空間をデザインするためには、そこに入るインテリアもイメージしなければならないので、取得しておいて損はないでしょう。また、同じような理由で、「カラーコーディネーター」もおすすめです。

無資格でセンスアップを目指したいなら、「弟子入り」する方法もあります。第一線で活躍する空間コーディネーターに弟子入りしテクニックを学べば、またとない強みになるかもしれません。しかしそのように考える新人は多いので、ひょっとしたら弟子入りのほうが就職するより難しいかもしれませんね。

空間デザイナーの魅力

何度も何度もやり直しを要求されて、心が折れそうになることもあります。しかし、自分のデザインがきっかけでイベントやお店が繁盛すれば、感慨深いものもあるでしょう。空間デザイナーは、一つの喜びが更なるやりがいにつながる素敵な仕事です。ステータスが得られる仕事でもあるので、やりがいは十分にあると言えるでしょう。

空間デザイナーに興味を持った方はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加