ジョブズもしていた「座禅」を関東で体験できるお寺

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

座禅にはどんなイメージをお持ちですか?

「厳しそう」「修行みたい」など、少し怖いイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし実際に座禅は、僧侶ではなくても気軽に体験することがきます。また、Apple社でiPhoneなどを開発したスティーブ・ジョブズも座禅を生活の一部に組み入れていたそうです。

今回は座禅とは何か、なぜするのかを紹介した後に、実際に関東近郊で座禅の体験ができるお寺を紹介します。

座禅とは何か

https://www.photo-ac.com/

座禅は、もともと仏教で行われる精神統一の方法です。大乗仏教の禅宗では、この座禅を基本的な修行方法としています。 日本では、平安時代には座禅が行われていたと言われています。当時は真言宗と天台宗という、いわば密教の時代なのですが、その中で密教座禅が行われてきました。

この密教座禅にも影響を受けた道元が、座禅を根幹に置き、只管打坐としてただひたすら座禅を行うことを唱えた、曹洞宗を開いたのです。

そういったこともあり、座禅と言えば曹洞宗をイメージする方も多いかもしれません。しかし、現代においては宗教や宗派に関係なく、精神鍛錬の体験のひとつとして、一般向けの座禅体験を行っているところも多いです。

座禅の作法

座禅には、入堂から終了するまでの作法が細かく決まっています。

入堂の際には、左手の親指を内側に握り、右手で左手をおおい、手の甲を外に向けた状態で胸の前に持ってくる「叉手(しゃしゅ)」の姿勢を取ります。座禅の際に歩くときは、基本的にこの「叉手」の姿勢になります。

そして、入り口の柱側の足から入堂します。入口の左側に柱がある場合は左足から、右側にある際は右側から入堂してください。 座禅を行う位置についたら、「隣位問訊(りんいもんじん)」と「対座問訊(たいざもんじん)」を行います。

隣位問訊は、自分の座る位置に対して、合掌低頭をします。その後、対座問訊では、隣位問訊から右回りし、向いに座る人に合掌低頭をします。

座禅を組む際には、両足を組む結跏趺坐、片足を組む半跏趺坐のいずれかで座ります。結跏趺坐は体に負担がかかりやすため、初心者の方は半跏趺坐がおすすめです。


出典:禅と脳科学

また、上体は背筋を伸ばし、姿勢が崩れないように気をつけます。手は、右手の手のひらに左手を重ね左右の親指が合うようにします。この時、親指同士は紙1枚分の隙間が空くようにします。口は閉じ、舌は上あごにつけた状態で鼻で呼吸をします。

呼吸の際には、「吸って吐く」ではなく、「吐いて吸う」のサイクルで捉えるのが座禅の作法とされています。視線は畳半畳分前に落とし、瞼は閉じません。これが、座禅の基本姿勢になります。

また、座禅に入る前、座禅後には左右揺振を行います。座禅に入る前は、身体を振り子のように左右に振り、徐々に振りを小さくし、振りを止めた上で座禅に入ります。

座禅後の作法

座禅後は、座禅に入る前とは反対に、身体を左右に、徐々に大きく振るようにし、身体を落ち着かせます。 また、座禅後には経行(きんひん)を行います。

経行は叉手の状態で左右の足を交互に半歩ずつ進めていくものです。経行は一呼吸の間に一歩ずつ進めていくことになります。

座禅の作法については、一般向けに分かりやすく教えてくれます。

特に、お寺によっては「座禅会」が開かれていて、一般向けに定期的に座禅の体験を行っているところもあります。そのようなタイミングに合わせると、初めてでも座禅に加わりやすいでしょう。

なぜ座禅をするのか

https://www.photo-ac.com/

座禅を組んでいる間は、無心にならなければなりません。何か頭の中に思い浮かんでも、その思考を断ち切らなければなりません。これの繰り返しによって、「何も考えない」「無に集中する」という感覚を覚えることができます。

私たちは日々の生活の中で、無意識に多くの情報にかかわり、処理しながら生活を送っています。

その中で、同時に問題を抱えながら、心身のバランスを崩してしまうこともあるかもしれません。しかし、座禅はそのような日常との関わり方を考えさせてくれるのです。

まず、座禅を組んだ直後に心と脳のスッキリ感を味わうことができます。私たちは日々頭や心をすり減らして生活しています。座禅を行い、考えること、悩むことから距離を置くことで、座禅後に爽快感を得ることができるのです。

この感覚に慣れてくると、日常でもイライラすること、もやもやすることがあると「座禅を組みたい」という思いを抱くようになります。そして、自宅でも座禅を組み、心を落ち着かせる習慣ができると、以前より心の不安や悩みと上手に向き合えるようになります。

人間力を鍛える座禅

また、座禅の魅力として、人間力を鍛える効果があります。不安や悩みと上手に向き合えるようになることで、苦手なことや不安なことにも積極的に取り組めるようになり、人間的な成長が見込めるようになります。過去を振り返れば、世界的な有名人でも座禅や瞑想を通じ、心を鍛えてきた人がたくさんいます。

中でも、iPhoneやMacBook、iPodなどのヒット商品を開発したApple社の共同設立者で実業家のスティーブ・ジョブズは有名です。

彼は、座禅を日課としており、その効果を実感していた一人です。また、有名哲学家のエーリッヒ・フロムも著書の『愛するということ』において、今と向き合うことが愛することに必要であると説いた上で、その方法として瞑想・座禅を挙げています。

これらのことからも、座禅には心を整え、人間として成長させてくれる効果があり、そこに魅力があると言えるでしょう。

関東で座禅を体験できるお寺

座禅を体験できるお寺①

報国寺

報国寺は、JR鎌倉駅からタクシーで7分ほどで到着します。駅から京浜急行バスを利用する際は、鎌倉霊園正面前太刀洗・金沢八景行き/ハイランド行きに乗り、12分ほどで浄明寺バス停に下車し、そこから徒歩3分ほどで到着します。

毎週日曜日の7時30分より「日曜座禅会」を行っており、予約せずに体験することができます。時間厳守であり、途中退場は不可となっています。

報国寺
http://www.houkokuji.or.jp/

座禅を体験できるお寺②

長谷寺

長谷寺は、地下鉄表参道駅より徒歩10分ほどの場所にあり、都バスを利用する場合は「南青山7丁目」が最寄りのバス停になります。長谷寺では、毎週月曜日の18時30分から20時30分に座禅会を行っています。

体験するために10分前には受付を済ませる必要があります。座禅会には、「初心者講習」「2回目~5回目講習」「参禅」の3つのコースが用意されています。1回参加につき、参加料100円がかかります。

長谷寺
http://chokokuji.jiin.com/

座禅を体験できるお寺③

成田山新勝寺

成田山新勝寺は、京成電鉄京成成田駅またはJR成田駅より徒歩10分ほどの場所にあります。自家用車の場合は、東関東自動車 成田ICから国道295号を走り、寺台インターを直進し11番の信号を左折すると見えてきます。

成田山新勝寺は、密教座禅の修行体験を行っていますが、完全予約制となっています。10時から14時の間の40分ほどで体験できます。

成田山新勝寺HP
http://www.naritasan.or.jp/

座禅を体験できるお寺④

太陽寺

太陽寺は、秩父鉄道三峰口駅から西武観光バス 秩父湖・中津川行きに乗り、太陽寺入り口バス停で下車します。そこから徒歩7km、2時間ほどで到着します。

太陽寺では、座禅だけでなく、写経や読経、精進料理も体験できる1泊2日のプランになっています。完全予約で、朝・夕食付きで9,000円の料金がかかります。

太陽寺
http://www.taiyoji.com/

座禅を体験できるお寺⑤

宝徳寺

宝徳寺は、東武鉄道赤城駅または相老駅からタクシーで13分で着きます。毎月第1日曜日に、早朝座禅会を行っています。参加費は無料で、6時30分から開始し、8時まで行っています。初めての方は10分前には来る必要があります。体験にあたって予約や連絡は不要です。

宝徳寺
http://www.houtokuji.jp/

座禅を体験できるお寺⑥

達磨寺

達磨寺は、JR高崎線高崎駅からバスで15分、タクシーで20分またはJR信越線群馬八幡駅からタクシーで5分ほどで着きます。早朝座禅会を行っていて、春分からは5時から6時30分、秋分からは5時25分から7時まで行っています。

初回登録料1,000円と1回100円の料金がかかります。初めて体験される方は前日に連絡が必要です。

達磨寺
http://www.daruma.or.jp/

座禅を体験できるお寺⑦

黒羽山大雄寺

黒羽山大雄寺は東北新幹線那須塩原駅からタクシーで20分、または宇都宮線西那須野駅からタクシーで20分で到着します。座禅会は毎月第2・第4日曜日の7時30分から無料で参加できます。

しかし、初めて体験される方は座禅作法についての説明がないため、別途開催している個人禅修行を体験することがすすめられています。こちらは、3,000円の志納料が必要になります。

黒羽山大雄寺
http://www.daiouji.or.jp/

座禅を体験できるお寺⑧

鳳林院

鳳林院は、鹿島鉄道桃浦駅から6kmほど離れた場所にあります。座禅会は月1回指定された日の13時30分から15時まで行っています。参加料は1回500円かかります。

鳳林院
http://www.hourinin.or.jp/

座禅体験で気持ちをリフレッシュ

https://www.pakutaso.com/

非日常を味わえ、心をリフレッシュすることのできる座禅体験。

ぜひ自分を見つめ直すためにも、一度体験してみてはいかがでしょうか。

座禅だけじゃ足りない方は僧侶の一日体験を!

自分を見つめ直す。僧侶になって修行を1日体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加