お坊さん(僧侶)になるには|気になる給料や必要な資格を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僧侶、つまりお坊さんという仕事について、法事などで関わる機会が多いものの、深く知っている方は少ないのではないでしょうか。

日本人は多くが無宗教と言いながら、葬儀などは寺ですることがほとんどで、多くの方が仏教に何かしらの接点を持っています。また、地域の檀家などに所属している家庭も多いのではないでしょうか。

そんな身近なようで遠い存在であるお坊さんという仕事。

今回はお坊さんの仕事を、年収やなり方などを含め詳しく紹介します。

お坊さん(僧侶)とは

https://www.photo-ac.com/

お坊さん(僧侶)とは一般的に仏教の僧のことになります。つまりは、仏僧のことであり、いくつも宗派があり、お坊さんになるには宗派によってやることが違いますし、許可制度もまったく違うことになります。

ですから、お坊さんになるにはどの宗派の僧侶であるのか、ということによって色々と目指し方も変ってくるということになります。一言でお坊さんになるにはこれが最適という道はありません。

お坊さんの仕事

仕事としては修行がある意味では最も大きな仕事になるのですが、現在メインとなるのが供養などになります。

つまりお坊さんになるにはその知識があることが必須になります。葬式などの法要で読経をします。これが今の収入源の一つになっています。

後はお寺経営などをするわけですが、当然、すべてのお坊さんが寺主なわけがなく、雇われるという形で大きな寺に所属している、ということはよくあります。そして数はそのほうが多いです。

お坊さんの年収

お坊さんの年収はピンキリになります。お坊さんの平均的な初任給としては、規模によっても違うのですが、大体15万円程度とされています。勤務体系は正規雇用であり、福利厚生もほとんどのところはあります。

宗教法人としてキチンとしているところであれば心配することはないでしょう。稼働時間もまちまちではありますが、お盆や正月は忙しいです。

もちろん、葬儀があれば確実に忙しいことになりますし、ある意味ではその時が稼ぎ時になるといえます。お坊さんになるにはそのあたりも理解しておくことです。

お坊さんになるメリット

https://www.photo-ac.com/

お坊さんになるメリットなのですが、まず商売的に良い悪いはともかくとして、その宗派のことを心から信じているのであれば悟りを目指して頑張れる、というのはよいことになるでしょう。そもそもお坊さんとはそれが目的でやるわけです。

また、昔は坊主丸儲けなんて言われてましたが今はかなり厳しいとされているところがデメリットとしてあげることができるでしょう。

お坊さんに向いているのはどんな人か

お坊さんに向いているのは、性格的なことをいいますと物静かな人であり、ゆっくりと話すタイプでしょう。そして、それでいて厳しい修行に耐えることができるような根性がある人でないといけません。

向いてない人はお坊さんになるには修行が必須ですから、修行なんかになんの意味があるのか、といったことを疑問視してしまう、宗教心の薄い人にはまったくお勧めできません。

お坊さんの将来性

正直なところ、お坊さんの稼ぎ、つまりは宗教施設における稼ぎというのは、昨今、将来性と安定性があるとはいえないようになっています。しかし、それでも大きな宗教法人であれば安定しますし、道は険しいですが、自分の才覚次第で小さいところを大きくしたりすることもできます。

お坊さんになるには

https://www.photo-ac.com/

お坊さんになるには、まずは学校に行くことが多いです。仏教系の学校が宗派ごとにあるといっても過言ではありませんから、お坊さんになるにはそちらに通うことになります。

また、お坊さんになるには弟子入りということもありますが、基本的には学校を出てから総本山のところにいって何年かの修行をして、ということになります。

資格というか宗派ごとの認定はあるのですが国家資格のような形での認定があるわけではありません。その点は勘違いしないことです。弟子入りも必ずやるわけではないのですが、大抵は師弟関係を結んで修行をしていくことになります。

なぜお坊さんになるのか

お坊さんは意外にも誰でも目指すことができます。学校を出て、寺でさらに修行することによってなることができるのです。修行を積んで、救いを求める人、供養を求める人に応じられる能力が身につけられますと、十分にそこにやりがいを見出すことになるでしょう。

根本的なことをいいますと基本は自分の悟りを目指すのが目的になるのですが、商売のような形での布教や宗教活動というのが今では当たり前になっていますし、お坊さんにおいてもそれは同じです。

言い方を変えると、お坊さんでもやり方次第で組織を大きくしていくことができるということです。そこにお坊さんのやりがいを感じる人も多いです。

最近では、お坊さんに焦点を当てたバラエティ番組が放送されるなど、その仕事の形は変わりつつあるのかもしれません。

お坊さんになるには、まず体験

当サイトは、伝統工芸・日本文化を、伝統工芸士や一流の職人さんから学べる体験プランも提供しております。

神奈川県鎌倉市にある顕証寺の住職、信清宏章さんの付き人として1日住職体験(お坊さん体験)ができます。詳細は下記をクリック。

自分を見つめ直す。僧侶になって修行を1日体験!

現在、開催中の体験一覧をみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加