賞状書士になるには?仕事内容・必要な資格・給料・将来性をチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メディアで人気の内職として取り上げられることのある賞状書士。筆・墨・紙と少ない初期投資で誰でも始められます。また、毛筆できる場所があれば働く場所や時間を問わず、自由度も高い職業です。

今回は、賞状書士の仕事内容・必要な資格・適正・給料・将来性をご紹介します。

賞状書士とは?


出典:写真AC

“賞状書士の仕事は、さまざまな文書に「毛筆で美しい文字を書く」ことです。

職業名に「賞状」とついていますが、賞状書士が書くのは賞状だけではありません。のしやご祝儀の名前、結婚式招待状の宛名など、賞状書士が活躍する場面は多岐に渡っています。

賞状書士の仕事内容・書き方

出典:写真AC

賞状書士としての働き方は、大きく分けて4種類。「フリーランス」「副業つまり内職」「筆耕者として企業に所属」「デパートやショッピングモール・贈り物を扱うお店に店員を兼ねて勤務」です。

在宅で、フリーランスや副業として働けるのは魅力的。この2つの働き方は次の項目で詳しくご紹介するため、ここでは後の2つの働き方を解説します。

賞状書士よりも広い意味を持つ「筆耕者」。毛筆に限らず、さまざまな文書を手書きすることが仕事です。「筆耕 求人」などのキーワードで検索すると、求人情報が出てきます。求人の応募には履歴書に加え、指定された文書を手書きしたものを添えたり、自分の作品を集めたポートレートを持参したり、自分の実力が分かるようなものの提出を求められることが多いでしょう。

また、デパートやショッピングモール、贈り物を扱うお店のスタッフとして勤務しながら、お客様の要望に応じて、のしの宛名を書く働き方もあります。

フリーランスとして

賞状書士のお給料の相場や仕事量からして、賞状書士のみで安定した収入を得て、生計を立てるのは難しいといえるでしょう。フリーランス全般にいえることですが、安定してお仕事が入ってくるわけではありません。パソコンの普及で賞状書士の需要が減っていることも事実です。

しかし、賞状書士は毛筆できる道具と場所があれば、在宅で行える仕事です。フリーランスは働く場所や日時を選ばないこと、外出のための身支度や通勤に時間をとられないことなどメリットがたくさんあり、魅力的な働き方ですね。

副業として

賞状書士は、ほかのお仕事の副業、つまり内職として行うのが一般的です。賞状書士のお仕事が少ない時期があっても、メインのお仕事があれば安心。

賞状書士は、毛筆が得意な方が多い職業のため、書道の師範資格を持っている人も。書道教室を開くかたわら、賞状書士のお仕事をしている人もいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加