賞状書士の仕事を紹介|気になる年収や資格の必要性は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

賞状書士という職業をご存知でしょうか。

小さいころに書道を習うことは定番ですが、そういった経験から綺麗な字を書けるという方は、この仕事で副業としてお金を稼ぐことができます。

今回は字のきれいな人注目の「賞状書士」という職業について紹介します。

賞状書士とは

賞状書士は賞状や贈り物、ご祝儀の宛名を書く事を職業にする資格になります。大前提として、綺麗な文字を書く必要があり、賞状書士として働きたいと思う人は賞状書士の資格を取っておく必要もあります。

賞状書士の仕事

出典:写真AC

では実際に賞状書士の仕事とはどのようなものでしょうか。

働く場所はデパートやスーパー等あり、他にも様々な所で活躍できます。特に最近は文書を作成する時もすべてパソコンを使って作成する事もあり、手書きで文字を書くのは苦手という人が多くなっています。

したがって、手書きで綺麗な文字を書くスキルというのは、思う以上に重宝されます。

ただ定期的にお仕事をもらおうと思った時は、賞状書士としてのスキルがあるかどうか客観的な証拠が必要になるので、賞状書士の資格を取っておく必要があります。

なぜなら賞状の文字等を書いてもらう企業からすれば、仕事を頼む相手が綺麗な文字を書いてくれるかは、資格を持っているかどうかでしか判断できないからです。よって賞状書士として仕事をもらうには資格を取っておかないといけません。

賞状書士の給料

では肝心の賞状書士の給料ですが、歩合制となり1回の仕事の報酬は大体2千円くらいになると言われます。1日3件すると考えると日給6千円。休みも入れると年収は100万円を超える位になります。

つまり賞状書士としての仕事のみで生計を立てるのは厳しいです。実際に賞状書士の仕事をされてる方の多くはあくまで副業や小遣い稼ぎ程度のものとして仕事をされている方が多いです。

また、賞状書士として企業が雇ってくれる事はまずありません。

あくまでフリーランスとして賞状書士の仕事をする事になるので、勤務体系や福利厚生という事とは無縁になります。もちろん場合によっては、スーパー等に勤務しながら賞状書士としてのスキルを活かして贈り物の宛名書きを任される事はあります。

しかし、それはあくまで最初からスーパーに勤務していて、その資格を活かせる機会があるという話であって、賞状書士を専門にする事にはなりません。

賞状書士になるメリット

出典:写真AC

賞状書士として働くメリットは、自分の手書きスキルを活かし、綺麗な文字を書く事が直接報酬に繋がっていく喜びを感じられる点にあります。

書道などを嗜み文字を書くのが好きな人が賞状書士になれば、文字を書いて人から感謝されるので、その点がこの仕事のメリットになります。自宅にいながら何か副業をやりたいと思っている場合に、賞状書士としてのスキルを使えば短時間の労働で高収入が期待できるのもメリットです。

もちろん賞状書士にもデメリットはあります。それは賞状書士になってもこの仕事だけで生活をするのが難しいという点です。

もちろん仕事をたくさんもらっている賞状書士もいます。しかし、そういう人は非常に稀なのでこれを本職にしてやっていくのは難しいというのがあります。

賞状書士に向いていない人

賞状書士に向いていない人もいます。それは、仕事をたくさんこなそうとして雑になりやすい人です。賞状書士の仕事は1回の単価がかなり高いお仕事です。

よって当然書く文字には相応のスキルが要求されます。短時間でたくさん仕事をやろうと思えば当然仕事が雑になります。1回の仕事を時間をかけてじっくり取り組める余裕のある人が向いていると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加