落花生の収穫時期はいつ?収穫のコツや乾燥・保存方法まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

落花生を日本でいちばん生産している都道府県をご存知でしょうか。正解は千葉県です。なんと千葉県の落花生の収穫量シェアは、78%もあるのです。日本のほとんどの落花生が千葉で作られているといっても過言ではないんですよ。

最近では、家庭菜園で落花生を栽培する人も増えています。そんな落花生をおいしく食べるための正しい収穫時期や、保存方法は知っていますか?

この記事では、落花生の収穫時期や保存方法についてご紹介していきますね。

落花生の収穫時期はいつ?


出典:Flickr

落花生にはいくつかの種類があり、旬が違ったり、気候や環境によっても時差があったりします。最も収穫時期が早いのは、9月初旬頃。遅いものだと11月頃になる種類もあります。

一般的に落花生は、種まきからおよそ130日で収穫時期を迎えます。葉っぱや茎の部分が少し枯れて、黄色くなってきたら収穫の合図。収穫のタイミングを逃すと、土の中にさやが残ってしまうので、見極めが重要ですよ。

落花生を収穫するコツ

落花生を収穫する場合は、サツマイモと同じように、試し掘りをしてから収穫するといいでしょう。試し掘りをする場合、収穫の5日前に行うのが理想的です。

株元の土を少し掘ってみて、さやが大きく成長して網目がはっきりと出ていれば、収穫のベストタイミング。網目がくっきりしているさやは「上さや」と呼ばれます。もし、網目がまだ出ていなければ、収穫には少し早いのでそっとしてあげてくださいね。

収穫方法は、株元を手でしっかりと持ち、一気に引き抜きましょう。このとき、失敗すると土の中にさやが残ってしまいます。失敗するのが不安な場合は、一度スコップを使って株の周りの土全体を持ち上げ、株元から引き抜くのがおすすめです。

落花生を収穫後洗うのはNG?

土の中から収穫したばかりの落花生は、当然土だらけですよね。しかし、いわゆる「ピーナッツ」の状態にしたいのであれば、ここで洗ってしまうのはNG。掘り起こした落花生は、そのまま乾燥させましょう。もし、新鮮な状態のまま塩茹でして食べるのであれば、洗ってしまっても構いません。

落花生は同じ土地で栽培できるのか


出典:Pixabay

落花生は連作するには向いておらず、同じ土地で栽培するには、1~3年あけることが望ましいでしょう。なぜなら、連作障害を起こし、うまく育たなくなってしまうため。

連作障害とは、同じ土壌に同じ作物を作ると、育ちにくくなったり、病気にかかりやすくなったりすることです。土の中の栄養バランスが崩れ、生育障害や特定の病原菌が増えてしまうので、引き起こされてしまうのです。これを防ぐには、数年の間隔を置くか、ほかの品種を栽培して土壌をリセットすることが必要ですよ。

収穫直後の落花生の食べ方

収穫したあとの落花生は、生のままでは食べられません。必ず加熱調理が必要です。

収穫直後の新鮮な落花生は、そのまま塩茹でして食べられます。これは新鮮だからこそ食べられる方法ですよ。

収穫した落花生をすぐに食べたいならば、天日干しはせず、すぐに株からさやを外します。大きな鍋にたっぷりの水とひとつまみの塩を入れたら、沸騰させましょう。お湯が沸いたら落花生を投入し、30~40分ほど茹でて、香ばしい香りがしてきたら完成です。

落花生(ピーナッツ)の収穫が体験できるスポット9選|千葉県

食べて、掘って、楽しみたい!関東で芋掘りが楽しめるスポット8選

枝豆(エダマメ)の栽培と育て方のコツ|種まきから害虫対策まで紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加