日本三大うどんは讃岐と稲庭、あと一つは?|他のご当地うどんも紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本三大うどんとは

「西日本はうどんで、東日本はそば」などといいますが、実際にはそんな単純なものではなく、東日本を含めた日本全国にうどんの名産地があります。東京にも、ご当地うどん(武蔵野うどん)があるくらいです。数多くのうどん産地がある中で、日本三大うどんを作るとしたら、どこのうどんが入るでしょうか。

日本三大うどんを作る試みは数多くありますが、そのうち2つについてはほぼ異論がなく、香川の「讃岐うどん」、秋田の「稲庭うどん」が入ることが確定しています。

日本三大うどんを決めるには、残り一箇所が問題で、いろいろな説がありますが、ここでは群馬県の水沢うどんを入れてみます。うどん大国である群馬県から日本三大うどんに1つランクインしますと、全国をあまねくカバーできて、具合も良いでしょう。

日本三大うどん①

讃岐うどん


出典:写真AC

まず讃岐うどんです。「日本三大うどん」とわざわざ括らなくても、日本のうどん界のトップに讃岐うどんが君臨していることは、まず疑いがないでしょう。観光客が食べる前に、讃岐うどんはまず地元で愛されており、そのコシの強さで強い人気があります。出汁にも、良質ないりこが使えることが大きく貢献しています。

讃岐うどんは食べ方の種類も実に豊富で、ぶっかけや生醤油うどんなどは、他ではなかなか見らないものです。中でもユニークなのが釜玉うどんで、生卵を熱々のうどんに絡めたものです。Jリーグのチーム「カマタマーレ讃岐」の名称は、釜玉うどんに由来しています。

日本三大うどん②

稲庭うどん


出典:写真AC

次に、稲庭うどんです。秋田県湯沢市は、秋田県の南端にあり、山形県、宮城県と接しています。その一地域が稲庭です。稲庭とはこのように、狭い地域の名称ですが、それにもかかわらず、日本三大うどんを名乗るに恥ずかしくない名産品で、農林水産省により「農山漁村の郷土料理百選」にも選ばれている逸品です。

江戸時代は殿さまへの献上品で、庶民は口にできなかったとのこと。そうめんと同じく手述べ製法で作られるうどんは細く平たく、この形状が稲庭うどんの特徴です。さらに気泡がうどんの中に多いために生まれる、滑らかな食感も稲庭うどんならではです。意外なことに、うどんの専門店は、湯沢市にはほとんどなく、乾麺をご家庭で食べることが多いようです。

日本三大うどん③

水沢うどん


出典:写真AC

続いて、第三のうどん、足で踏むことで生み出されるコシの強さが名物の水沢うどんです。水沢というと岩手県奥州市が有名ですが、この水沢は群馬県の伊香保温泉のそばです。水沢うどんは、この地の水澤観音の門前町で提供されており、お店も多数あります。

もともと水澤観音の参拝客にふるまったのがルーツで、実に400年の歴史を持つうどんです。冷たいざるうどんでいただくのが一般的です。日本三大うどんに入れることに異論があるかないかは別にして、ここのうどんが美味しいのは誰でも納得するはずです。水澤観音と呼ばれる水澤寺は、関東の観音霊場「坂東三十三観音」の16番札所の名刹です。

30歳未経験でうどん職人の道へ

うどん(讃岐)職人の仕事を紹介|気になる年収や必要な資格は?

粉からうどんになるまで一貫して手仕事にこだわる|うどん職人体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加