赤膚焼はどんな陶器?奈良絵で美しく絵付けされたその美しさと歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤膚焼とは

赤膚焼(あかはだやき)は、奈良県奈良市や大和郡山市で生産されている陶器です。その名の通り、赤みを帯びた肌色をしており、乳白色の萩釉を掛けた上に奈良絵と呼ばれる絵付けを施しています。この見た目から赤膚焼という名がついたという説と、赤膚という地域で生産されていることが名前の由来になっているという説があります。

裏には「赤膚山」という刻印のほかに、作家や窯元の印がついているものもあります。赤膚焼は素朴な風合いが特徴で、普段使いに最適な食器や花器類が多く見られます。現在は伝統工芸として6つの窯がありますが、中には江戸時代から続くところも存在します。中の窯と呼ばれていた大型登り窯は、登録有形文化財にも登録されています。

赤膚焼の歴史


出典:赤膚焼窯元大塩昭山

赤膚焼の歴史は古く、桃山時代には、この地域の城主であった豊臣秀長が赤膚山に開窯したと伝えられています。江戸時代後期になると、当時の藩主の保護を受けたことにより、数々の素晴らしい作品が生み出されました。幕末には名工と呼ばれた奥田木白が新たな技術を加え、広く知られる窯の1つにまでなりました。

江戸時代中期の茶人である小堀遠州が好んでいた遠州七窯の1つにも数えられています。長らく多くの人に愛されてきた赤膚焼ですが、第一次世界大戦後は不況によって、五条山に3つあった窯は1つを残すのみとなり、現在の窯の多くは昭和に入ってから作られています。

しかし、赤膚焼の伝統的な工法や絵付けなどは当時の特徴を未だ色濃く受け継いでおり、飽きのこない陶器として多くの人に愛されているのです。

赤膚焼に描かれる奈良絵の魅力


出典:赤膚焼窯元大塩昭山

赤膚焼に施されている奈良絵というのは、御伽草子などを題材とした庶民的な絵柄です。画家の作品のような精巧で洗練された絵柄ではなく、親しみやすい素朴な構図が赤膚焼の特徴にも良く似合います。

元々、奈良絵を赤膚焼に用いたのは、幕末の名工、奥田木白と言われていますが、乳白色の表面に繊細な線と鮮やかな色合いで描かれたデザインは、今も昔も多くの人の心を掴んでいます。まるで絵巻物を眺めているかのような図案は、大人から子供まで親しみを感じさせます。

三笠山や鹿といった奈良を連想させるモチーフが多く、同じ色合いの線を描いてから絵筆を持ち替えるといった描き方です。近年では、奈良絵を赤膚焼だけでなく、土産物などにも用いるほど親しまれています。

赤膚焼陶芸体験ができる場所


出典:赤膚焼窯元大塩昭山

赤膚焼の陶芸体験をしてみたいという場合には、奈良市赤膚町にある赤膚山元窯 古瀬堯三で可能です。こちらは、施設内の陳列場や旧作業場、大型登り窯などが国の登録有形文化財になっており、陶芸体験だけでなく、赤膚焼のルーツを知り、多くの作家の作品を鑑賞するうえでもおすすめです。

1から作品を作る手づくりコースのほか、小皿や湯飲みなど、出来上がっているものに絵付けをするコースもあります。当日予約も可能で、1~2時間程度で終了します。作成する品物やコースによって、料金は異なります。

多くの人に愛される赤膚焼


出典:赤膚焼窯元大塩昭山

赤膚焼の魅力は、この地で産出される材料を用いた独特の肌色や、素朴で誰からも愛される奈良絵です。伝統的な絵柄やデザインのものは、色々な植物や料理に合わせやすいシンプルなものが多く、使い勝手の良さから定評があります。

一方で、素朴な風合いや図案のタッチを残しながら、新しいモチーフや形状などを取り入れた新しい赤膚焼も多く作られるようになっています。赤膚焼でしか出すことのできないオリジナリティのある作品は、若い人を中心に人気が広まっています。

特に素材や製造工程に厳しい決まりがないのが逆に特徴となっており、作家のセンスや力量に応じて様々な作品が見られます。自分好みの作品探しができるのも魅力の1つと言えるでしょう。

日本の”粋”な伝統工芸を集めた「伝統工芸品」の記事一覧

洋服にも合うオーダーメイドの下駄・鼻緒すげ体験

【シチュエーション別】着物の種類を紹介

【着物にも使われる絹の一種】紬(つむぎ)の魅力|紬の着物を着る意味とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加