「飄々(ひょうひょう)」の意味と由来|飄々とした人の特徴は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは普段、「飄々」という言葉を使ったことがあるでしょうか。「ひょうひょう」と読むこの言葉は一見すると難しそうですが、日常会話では比較的使う事がある言葉ではないでしょうか。この記事では、普段から使われている「飄々」の意味や使い方、その由来などをご紹介していきます。

普段よく使う「飄々」という言葉は、人に対して使う事が多いのではないでしょうか。例えば、「あの人は飄々とした人だな」や「飄々とした態度をとっている」など、人の性格や個性を説明する際に使う頻度が多いでしょう。

しかし「飄々」の使い方はそれだけでなく、「風が飄々と吹く」といった状況を説明する使い方もあります。 では「飄々」にはどんな意味があるのか見ていきましょう。

飄々の意味


出典:写真AC

「飄々」には様々な意味があるのでご紹介していきます。

1.風の吹くさまや、その音を表す語

2.風に吹かれてひるがえる様

3.足元がふらついている様。また、目的もなくふらふらと行く様

4.考えや行動が世間離れしていて、掴みどころのない様

「飄々」には大きくこの4つの意味があります。1は、風の吹いている状況を説明する時やその音について説明する時に用いられます。2は、風に吹かれて葉っぱや花びらなどが舞っている様子を説明する際に使われます。

3は人の状態を表す際に使う意味で、行動そのものを指しています。4は人の性格や個性、態度を説明する際に使います。

飄々の由来 ・言葉の背景


出典:写真AC

「飄々」の語源は、風の音や矢の飛ぶ時の音が基になっていると言われています。音の聞こえ方は人それぞれですが、風は「ひょうひょう」と吹き、矢は「ひょう」と飛んでいく音がすることからこのような言葉が生まれたと言われています。

このような音が語源となっているので、現代でも風の吹くさまや音をあらわす言葉として使用されています。先ほど「風が飄々と吹く」という例文も出したように、語源がそのままの意味で使われているようです。

また、その風が吹くさまなどを人に例えると、自然体な態度や目的なくふらふらする様子を表すようになったと言われています。 

飄々の例文を紹介

では実際に「飄々」を使うのはどんな場面なのでしょうか。冒頭にもお話しましたが 一般的には人の個性や態度を表現するのに使う事が多いでしょう。  

例えば、周りにあまり掴みどころがなく、何を考えているか分からない人がいるのではないでしょうか。そのような人のことを「飄々とした人」と表現できます。  

また、一般的に使う事は少ないかもしれませんが、風が吹いている様子や雪が舞っている様子を「飄々と風が吹いている」「飄々と雪が舞っている」と表現できます。

飄々とした人の特徴

飄々とした人というのは、先述したように考え行動が世間離れしていて、使い見所がない人です。みなさんの周りにもそういった人はいるのではないでしょうか。

飄々とした人の特徴としては、つかみどころのない人だからこそ、人に合わせることがなく、自分を持っていることが多く、一人でも行動できるタイプの人が多いです。

日本人なら知っておきたい国語の知識「国語」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す