「一言居士(いちげんこじ)」の意味や使い方|戒名にも用いられる言葉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「一言居士」という四字熟語があります。実際には「彼は一言居士な性格だ」などといった使われ方をします。さて、この「一言居士」という言葉の意味をご存知でしょうか。

日常生活では、なかなか使われない言葉ではあるものの、何かの際に使われても意味が分からないとは言いにくいものです。「一言居士」の言葉の意味を解説しますので、この機会に是非覚えてください。

一言居士の意味


出典:写真AC

「一言居士」は、読み方を「いちげんこじ」と言います。また、その意味は「どんなことであっても、必ずひとこと言わないと気が済まない」ということを表現する言葉となります。特に意見を求められている訳でもない場合においても、とにかく何か言ってしまう、または言おうとする人の事を指している言葉となります。

「居士」という言葉が付く似た熟語で「直言居士(ちょくげんこじ)」という言葉があります。しかし、「直言居士」の意味は、「歯に衣着せぬ物言いで、良い悪いのはっきりと意見する人」の事を表現している言葉です。この場合は、どちらかと言えば相手の為を思って言っているという、前向きな感情が含まれている表現となっています。

一言居士の由来 ・言葉の背景

「一言居士」という言葉を分けて考えると、「一言」はそのまま「ひとこと」となります。また、「一言居士」の「居士」はもともと仏教の言葉で、古代インドにおいては資産のある家などの家長を意味していました。また、中国では学特が高いにも係わらず仕官しない人のことを指しています。

そして日本では、出家した僧侶を意味する言葉ではなく、在家の状態で仏教に帰依する男子を表していました。また、男子が死んだ後には、戒名の最後につけられる称号となっています。最近では、ある一定の特徴や習慣などを持つ人に向けて、「軽い親しみ」もしくは「からかい」の意図がある言葉となりました。

その「居士」と、「くり抜く」や「人の心に苦痛や動揺などを与え」、「真相を明らかにしようと追及」などの意味をもっている「抉(こじ)れる」という言葉をもじって、「一言居士」という言葉となったといわれています。

一言居士の例文


出典:写真AC

それではこの「一言居士」とは、どんな場面で使うことができるのでしょうか。例文を何個か上げていきますので参考にして下さい。

・彼は会議の場になるといつも一言居士で、うとまれてしまう

・一言居士な性格が災いして、いつも人とぶつかってしまう

・彼女には一言居士な面もあるけれども、決して悪気があるわけではない

・父は一言居士な所があり、子育て中の娘たちに教育方針などについて講じることがある など

ひとこと多い人と言う表現で使います。ひとこと言ってしまうからといって、悪い意味ではない部分もありますので気をつけましょう。

一言居士な人の特徴

一言居士な人は、その意味のとおり一言言わないと気が済まない人なので、時に人間関係で失敗してしまうこともあるかもしれません。しかし、あまり言いたいことを言えない人よりはストレスが溜まりにくいと言えるかもしれません。言いたいことを言うということは、精神衛生上はとても必要なことなのです。

どの四字熟語にも、由来があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す