鍛冶師の仕事を紹介|気になる年収や技術を学ぶ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鍛冶師とは

鍛冶師というのは歴史の教科書やゲームの中でみたことのある職業ですが、もちろん現実の中に今も存在しています。ゲームの登場人物で、工房を持っていてそこで刀などの武器を鍛えてくれる鍛冶師キャラクターがいますが、現実の世界では簡単に言えば鉄などの金属製品の鋳造、製造、修理、加工をする人のことを鍛冶師と言います。

包丁などを鍛える伝統工芸として有名な鍛冶製品も多くありますし、日本各地に鍛冶町などの地名としても残されています。現在では刃物や工具、農具などの製品を制作しています。

鍛冶師の仕事


出展:写真AC

鍛冶師の主な仕事は、まず鉄、鋳物などの金属を熱して金槌などで打ち鍛える作業を繰り返し、不純物をできるだけ取り除いていき、刃物や工具、農具の形に整えていく仕事です。

冶師には特殊な技能が必要だとされていますが、古来より生活に密着した道具を作る職業なのでどこに行っても重宝され、かなり古くから専業化されてきた職業の1つです。しかし様々な工業機械の発展と共に鍛冶師の仕事も機械化されていき、鍛冶工房の数も減り、今では鍛冶師の技術を学ぶのも難しくなってきています。

鍛冶師の年収/勤務体系/福利厚生

さて、気になる鍛冶師のお給料ですがいったいどのくらいもらえるものなのでしょう。一概には言えませんが、例えば刀鍛冶の場合、まず刀匠資格を持つ刀鍛冶の元で5年修業をしてようやく実質試験の役割を果たしている研修会への参加資格を得ることができます。

その後、お礼奉公を終わらせ独立をするわけですが、独立にもお金がかかりますし作刀依頼はそんなに沢山来るものではありません。普通の会社員のようには中々いかないものです。

鍛冶師として農具や工具、刃物メーカーなどに就職し、そこで技術を学ぶのも1つの手です。勤務体系は会社によって異なりますが、3交代制で月給17万円~27万円程貰える所もあるようです。福利厚生としては厚生年金や各種保険があります。

鍛冶師のメリットデメリット


出展:写真AC

鍛冶師という職業はなろうと思ってすぐになれるものではありません。まずは技術を学ばなければなりませんが、鍛冶師の学校があるわけではなくどこかの鍛冶工房に弟子入りするのが近道だと言えます。弟子入りする期間は人それぞれです。

充分蓄えがある人なら良いのですがデメリットとして技術をモノにするまでの間にかかる金銭的な負担は相当なものだと言えるでしょう。また、鍛冶師の技術は特殊技能ですので一朝一夕に身に付くものではありません。技術を習得できればそれを生かした仕事をすることも可能なのではないでしょうか。

鍛冶師に向いてる人向いてない人


出展:写真AC

前項でも述べている通り、鍛冶師の技術はすぐに身に付くものではありません。全工程を手作業で作るのですから、根気がいる作業の連続です。

また、熱く熱した鉄を金槌などで何度も叩いて鍛えるのには体力も必要です。根気のない人には難しい職業ではないでしょうか。逆に1つのことに集中してものを作るのが好きな人には向いている職業だと言えるでしょう。

ドイツで修行した鍛冶職人から学ぶ|鍛冶屋体験!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加