金沢百万石まつり2018年の日程|前田利家役の芸能人も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金沢百万石まつりは、加賀藩の前田利家が金沢城に入城し、現在の金沢が城下町として知られる所以を築いた偉業をたたえて開催されています。

現在の金沢百万石まつりは、金沢市と金沢商工会議所が中心となって開催しています。その百万石まつりに合わせていろいろな祭りが金沢の各地で行われます。中でも、メインイベントの百万石行列では、前田利家役やお松の方役に俳優を呼んでいます。

今年は、前田利家公役に俳優の高橋克典さんを、お松の方役に女優の羽田美智子さんをお迎えします。

今では、すっかり一大イベントとなった金沢百万石まつりですが、ある年では、百万石行列参加者だけでも約2,500人、観客と合わせると約42万人もの参加があったと報道がありました。

2018年の日程・アクセス


出典:金沢百万石まつり実行委員会

2018年の金沢百万石まつりは、6月1日(金)から順次開始します。

6月1日(金)は、「お水取りの儀式」、「祈願祭」や「加賀友禅燈ろう流し」などが金沢の各地で行われます。

6月2日(土)は、メインイベントである「百万石行列」や、だれでも参加可能な「百万石踊り流し」、加賀百万石「盆正月」などのイベントが行われます。

6月3日(月)は、「百万石茶会」が行われます。

場所は金沢駅近郊がメインですが、金沢城公園や兼六園、浅野川などイベントによってかなり広範囲で行われますが、金沢市内では多くのバスが利用でき、どこへいくのにも祭りの会場同士への移動は便利です。

また、日程も6月1日、2日、3日と3日間にわたり、広範囲で行われますが、行事によって開催日時が決まっているので注意が必要です。

金沢百万石まつりの歴史


出典:金沢百万石まつり実行委員会

金沢百万石まつりは、今年(2018年)で第67回になります。現在の金沢百万石まつりは、金沢市と金沢商工会議所が中心となって開催しています。

金沢百万石まつりのルーツは、大正12年から昭和20年まで金沢市祭として行われてきた奉祝行事であるため、金沢市の各地で行事が行われています。また、昭和21年から6年間、尾山まつりとして尾山神社奉賛会の主宰で開催されました。

金沢百万石まつりの特徴・見どころ

金沢百万石まつりの特徴は、他の祭りによくあるように、一つの行事や一つの場所だけでなく、いろいろな行事がいろいろな場所で行われるところが特徴です。

また、歴史を重んじた厳かなセレモニーもありますが、ダンスや百万石行列といった盛り上がる盛大なパレードのようなものまで内容自体も多岐にわたります。

そのため、自分が関心のあるものに参加したり、見学したりすることができるのも魅力の一つです。普通の祭りとは違うところもありますが出店は出ます。

日本には様々なお祭りがあります!「日本の祭り」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す