旬の魚(春夏秋冬)を紹介|栄養素・効果効能・特徴を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本には、春・夏・秋・冬、四季折々に堪能できる食材が豊富に存在し、季節ごとに食卓に並ぶ料理も様々です。

その季節に一番おいしい食べ頃を迎える食材を、「旬の食材」と呼びます。旬の食材は、季節によって日照時間や気温、雨量など環境の変化があり、それぞれの環境をベストタイミングとして良く育ち、熟し、実るのです。

旬の野菜や旬の果物、旬の野菜などと呼ばれているように、野菜や果物を始め、海産物の魚にも季節によってとれる「旬」があり、その季節に一番おいしい食べ頃となる魚が四季折々入れ替わり、1年を通して大変多くの種類の魚を楽しむことが出来ます。

魚の「旬」とは、一般的に産卵前で身体に栄養や脂肪分がたっぷり蓄えている状態の魚のことを指しています。

また産卵期は沿岸に近づくことが多いため、旬を迎えた魚は漁業量も多くなるという訳です。

日本列島は縦に長いため北と南で、日本海と瀬戸内海の西と東では、海水の温度の差や潮の流れの違いがあるため、地方によってその季節にとれる旬の魚にずれが生じることもあるようです。

今回は四季折々の旬の魚をご紹介します。

ビタミンやミネラルが豊富な春が旬の魚は?


出典:写真AC

春の3月~5月にかけてとれる旬の魚は、さわら・にしん・鰹・めばる・さくらだいなどが挙げられます。さわらは、白身魚で、特に尾に近い部分は締りがあって美味しいと言われています。

EPAやDHAが豊富に含まれており、肉質は柔らかいという特徴があります。

さわらやにしんは春を告げる魚として代表的で、タイもこの時期にとれるものはサクラダイとも呼ばれます。

また3月に釣りが解禁されるアマゴやヤマメなども春を告げる魚として有名です。冬に不足がちとなる栄養素の、ビタミンやミネラルなどを豊富に含んだ魚が多く、春が旬の魚がたっぷり補ってくれます。

夏バテ防止!夏が旬の魚は?


出典:写真AC

夏の6月~8月にかけてとれる旬の魚は、あじ・あなご・あゆ・うなぎ・いわしなどが挙げられます。あじは、日本の代表的な魚として知られており、日本近海に約50種類以上も生息しています。

中でも一般的に「あじ」と呼ばれるマアジには、タンパク質や脂肪、ビタミンB群、カルシウム、ミネラル等様々な栄養素がバランスよく含まれているのが特徴です。

DHAやEPA、も豊富に含んでいます。 夏が旬の魚は大変種類が多く、夏バテで弱っている身体を回復してくれ栄養素をたっぷり含んだ魚が出回ります。

タンパク質が多く脂肪分が少ない白身魚や、脂がたっぷりのったうなぎ・はもといったビタミン豊富でスタミナ源となる魚がとれます。

脂肪がたっぷりつまった秋が旬の魚は?


出典:写真AC

秋の9月~11月にかけてとれる旬の魚は、鮭・さんま・さば・にしん・鰹などが挙げられます。秋刀魚はDHA・EPA・ビタミン・カルシウム・鉄分など身体にいい栄養素がたっぷり含まれています。

秋が旬の魚は、他の季節に比べて脂肪の含有量が多いと言われています。秋を告げる魚として、脂がたっぷりのった秋刀魚やさば、産卵で川へ戻る鮭などが有名です。

【全国で親しまれている高級魚】のどぐろの旬の時期や味の特徴を紹介

【秋田県で愛される魚醤】しょっつるの作り方や料理のレシピ

【知っておきたいことわざ】「魚心あれば水心」意味と由来

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す