「十六夜(いざよい)」の意味や由来|月を見上げたい2018年の日程も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

十六夜の読み方

十六夜は「いざよい」と読みます。 「じゅうろくや」という、そのままの読み方をすることもありますが、多くは「いざよい」として呼び親しまれ、上代には「いさよい」という清音で、人々に呼ばれてきました。

十六夜の意味


出典:写真AC

新月から16日目の夜、またはその夜の月のことを、古くから日本では「十六夜」と呼んで、季節を感じてきました。そして、日本が月を愛でる一番の代表的なイベントといえば「お月見」ですね。中秋の名月、つまり旧暦の毎年8月15日(つまり「十五夜(じゅうごや)」です。

そして月が一番その年に満月に近くなる夜に、月が見える縁側や窓際に、季節の作物や月見団子、ススキなどをお供えし、神様にその年の豊作を感謝する、という習慣。これを「お月見」といいます。「十六夜」の中でも、この中秋の名月の翌日の「十六夜」の月は、とても明るく美しく見えるといわれています。

2018年の十六夜の日程はこちらです。

1月3日 2月2日 3月4日 4月2日 5月2日 5月31日 6月30日 7月29日 8月27日 9月25日 10月25日 11月23日 12月23日  

ほぼ毎月訪れる十六夜ですが、意識して夜空を見上げたことは無いのではないでしょうか?意外にも、十六夜の月は私たちの身近にいて、その美しい顔を見せてくれているものなのです。

十六夜の由来


出典:写真AC

それでは「十六夜」という言葉には、どのような由来があるのでしょうか?陰暦16日の月の出は、15日の満月の月よりも、少し遅くなります。月が出る時間が、一日約につき約50分ずつ遅くなっていくといわれているからです。

なので、十五夜を過ぎ、月が顔を出すのをためらっている、という見方から、「ためらう」「躊躇する」を意味する動詞「いざよう」の連用形が、名詞化した語といわれています。

十六夜はいつの季語か

十六夜は、秋の季語とされています。なぜなら、ほぼ毎月訪れる十六夜ですが、特に特別な意味を持つのが「中秋の名月」である8月の十五夜の、翌晩の十六夜(2018年は9月25日)。この旧暦8月16日のことを、季語で「十六夜」とし、古くから歌人は慈しんで歌として詠んできました。

古今集、万葉集でも、ためらいがちに現れるこの十六夜の月は、趣き深いものや気持ちの象徴として、奥ゆかしい意味も合わせて愛されてきたのです。

十六夜の月とは


出典:写真AC

十六夜の月は、形にして、まん丸ではなく、少し欠けた形になります。(実際には旧暦の14~17日頃が満月となりますので、必ずしも十五夜が満月を意味しているとはかぎりません。)最も月が美しく円を描き、輝いて夜空に浮かぶものが満月です。

その翌日に、少しだけ遅く、遠慮がちに姿を現し始めた十六夜の月は、前夜よりも欠けてはいますが、満月に劣らず眩しく美しいものです。日本の工芸品や美術品には、様々な月が様々な意味を持って登場します。満月、三日月、朔、半月、逆三日月、有明の月、などがあります。

どれも弓なりのようにぴんと張った強い意味や、フレッシュで若々しい意味や様子をもって作品に登場しています。その中でも、十六夜の月をモチーフにした作品は、内面には華やかな美しさを持っていながら、奥ゆかしさも具えた様子や意味をもったものが多いのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す