【体験レポート】美しい光沢を放つ伝統工芸七宝焼きを体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、埼玉県にある桂七宝研究所に訪問し体験させていただきました!
埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から徒歩10分程のところにあります。

七宝焼きを教えて下さったのは笹之内えりさんです。
初めてお会いするのでとても緊張していたのですが、笹之内さんの笑顔と柔らかい雰囲気に私も緊張がほぐれました。

桂七宝研究所の生徒さんとの出会い

工房に入ると生徒さんが3人ほどいらっしゃいました。
どの生徒さんも年配の方でしたが老いを感じさせないほど生き生きしており、自身の作品を一つ一つ丁寧に作り上げていました。
また、生徒さんがとても若々しく元気いっぱいでとても驚きました。

ある生徒さんは私の作品の焼き上がりを見た後、

「電車乗り遅れちゃう!さよなら!また来週!」

といってダッシュで工房を後にし、私はそのパワフルさにびっくりしました。
私も七宝焼きの生徒さんのように毎日生きがいを感じられるような素敵な趣味を持ちたいな、と思いました。

七宝焼き作品に触れる

笹之内さんの作成途中の作品を見せていただきました。1枚の大きな桜の有線七宝焼きで色づけはまだでしたが、銀線で一つ一つ丁寧に作られた桜の花びらは圧巻でした。是非とも完成品を見たい!と感じました。

七宝焼きを愛してる笹之内さんだからこそ、このような繊細な作品を手掛けられるのだな、と思い感動しました。

七宝焼き作りに挑戦!

たくさんの七宝焼き作品に感動したところで実際に私も七宝焼きに挑戦!

今回、私は型作りから体験するヘラ彫金でブローチを作成しました!

ヘラ彫金だと銅版が薄いので作れるアクセサリーは限られますが、型がもう既にできているものだとバレッタや指輪などバリエーションが豊富でそちらの体験も行っているそうなので興味のある方は是非そちらもおすすめします。

では、早速作っていきましょう!

①0.2mmの銅版に傷を付け丸い型をつけます。

②型を付けた銅を750度~780度の温度で2分焼きなまします。これをすることで硬かった銅が柔らかくなり変形しやすくなります。

③焼きなました銅の周りについた酸化銅をハケで取り、さらにタワシで軽くこすった後、希硫酸液に2分程漬け、金ブラシで磨きます。

④焼きなまし、柔らかくなった銅板を丸型にハサミで切っていきます。そして、目打ちで中心を決めてボールペンで筆圧強めで放射線状に線を対角線に入れます。(線を描いた方が裏になります)この作業をすることによって七宝焼き独特の光沢が出ます。

⑤もう一度銅板を焼きなまして先程と同様に酸洗いをします。そして人の皮脂などがついてしまうと光沢が変化してしまうので脱脂液を塗り乾燥させます。

⑥裏側を裏引きといってガラスや鉱石を砕いた釉薬で色付けをしていきます。

この釉薬を使うことで七宝焼きの輝きが出ます。色付けをする際、ホセで叩くようにして名刺一枚分の薄さになるよう塗っていきます。

この時注意点として少しでも銅が見えていたり釉薬が乗っていないと焼いた際に穴が開いてしまうのできっちり穴が開かないよう釉薬を塗りましょう。
裏引きが終わったら乾燥させ、800~850度で焼成します。

そして、先程と同様にタワシで擦り、希硫酸液に漬け、磨きます。

⑦表に脱脂液を塗り乾燥させます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加