「心頭滅却(しんとうめっきゃく)」の意味や由来|例文も紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「心頭滅却」という言葉をご存知でしょうか。この四字熟語は単体で使うことは少なく、その下「火もまた涼し」まで続けて用いるなら、比較的馴染みがあるでしょう。この慣用句は「心頭滅却」した結果を説明しているのであり、重要なのは、「心頭滅却」です。

心頭滅却の意味


出典:写真AC

では、心頭滅却とは何でしょうか。「心頭滅却」は「心頭」、つまり人間の心を無にすることです。「頭」は物理的な頭や脳みそのことではなくて、「~のあたり」の意味です。

そして滅却とは、何もない状態にすること。もともと仏教では、心を無にすることを大変重視します。禅宗ではとりわけ重要です。雑念だらけの心を空っぽにすることは決して簡単なことではありませんが、それに成功すればあらゆる苦しみから逃れることができるとされます。つまり解脱です。

今でも火の上を裸足で渡る荒行が、伝統行事として各地に伝えられていますが、火の上を渡っても火傷をしない理由として「心頭滅却」という言葉がいわれます。

一念により、体の機能まで支配できるのです。修行僧でなくても、念じて渡ってしまうことがあります。人間の体の力、心の力、さらに言葉の力もまた凄いものではないでしょうか。

心頭滅却の由来・言葉の背景


出典:写真AC

「心頭滅却すれば火もまた涼し」という慣用句は、戦国時代の臨済宗の僧、快川紹喜の辞世の言葉として伝えられます。ただこれには原典があります。唐の詩人、杜荀鶴の詩の一節です。それがなぜ日本の禅僧の言葉として伝えられているのでしょうか。

次のような故事に因ります。織田信長に追われた、武田方の人物をかくまった恵林寺住職・快川紹喜がその引き渡しを拒んだところ、織田勢に焼かれて亡くなったという話です。

焼かれたのは事実ですが、言葉のほうが事実かどうかはわかりません。ですが騒乱の時代に信念を貫き焼かれた僧の、末期の言葉として現代に語り伝えられているわけです。

日本人なら知っておきたい国語の知識「国語」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す