「走馬灯(そうまとう)」の意味と由来|使い方の事例を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「記憶が走馬灯のように蘇ってきた」という表現を知っていますか?

特にいまわの際(死の直前)や死を覚悟した瞬間などに、使われる表現になります。

実際に走馬灯とはなんだろうと思う人も多いはずです。走馬灯の意味を知ることで、言葉の意味をより深く理解することができます。また、誤用を避けることもできるようになります。

今回は「走馬灯」という言葉について意味や由来など、詳しく紹介していこうと思います。

走馬灯の意味

走馬灯は、主に死に際や感情が揺さぶられた際に、様々な記憶が次々と蘇ることを意味します。

過去の出来事をありありと思い出すことや、時間の流れを無視して大量の記憶が蘇るケースが多いのも特徴です。意識的に思い出そうとして思い出すものではなく、条件が重なった結果として記憶が蘇る場合に使われます。

記憶に流れがあり、生まれてから死ぬまでの一生の記憶が一瞬で蘇るケースや、家族との思い出など印象に残るエピソードが思い浮かぶ場合が多いといわれています。実際に体験することが難しいため、小説などのフィクション上の表現か、治療などで蘇生した人の体験談が主になっています。

走馬灯の由来


出典:写真AC

走馬灯はもともと江戸時代中期に生まれた遊び道具の一つでした。

筒状の行灯の中に影絵の馬を仕込み、筒の上の風車とつなげます。ろうそくに火をともすと温められた空気が風車に当たり、回転することで影絵の馬も回りだします。ろうそくの光で影絵の馬の影は部屋全体に広がり、幻想的な光景を楽しむことができるのです。

夏の夜を楽しむための遊びの一つとして誕生したのが走馬灯で、様々なバリエーションが生まれました。影絵の馬は途切れることなく走り続けるため、記憶が次々と蘇るさまに例えられるようになっていったのです。現代では電気式の走馬灯が主流になっていて、お盆やお葬式に仏前に飾られることが多くなっています。

極楽浄土をイメージさせるカラフルなものが多く、走馬灯といわれてもわからない人が多いのが特徴です。

走馬灯を使う場面


出典:写真AC

「記憶が走馬灯のように蘇ってきた」は、自分が意識せず、途切れることなく記憶が蘇ることを意味しています。走馬灯と単純に表現された場合は、死に際や命の危機を覚えたシーンに使われることが多く、病気で死期を悟った人間に訪れるといわれています。

由来から読み解くように、走馬灯は仕組みを作れば自動的に回るものであり、「走馬灯が走る」などの表現は誤用になります。また、死に瀕した人間だけでなく、最期を看取る側に起こるケースがあるともいわれています。

「彼と過ごした青春の日々が走馬灯のように蘇った」など、夫婦や恋人関係の深さを示すものとして使われるケースがあるのも特徴です。

走馬灯の類義語

走馬灯の類義語としては、「回り灯籠」「影灯篭」「フラッシュバック(英語であれば近い表現)」といった言葉が考えられます。

日本人なら知っておきたい国語の知識「国語」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す