学芸員の仕事を紹介|気になる年収や必要な資格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃の生活ではあまり意識することのない「学芸員」の仕事。博物館などに足を運べば会うことができますが、学芸員の仕事は、幅広い知識を持ち膨大な量の仕事をこなす、隠れたエキスパートなのです。気になる年収からなり方まで、学芸員の仕事事情を解説します。

学芸員とは

Mao.Tさん(@luna_0610)がシェアした投稿

学芸員とは、博物館における資料の展示や収集といった業務の全般を担当する職業です。博物館法に基づき定められている存在であり、専門職員である学芸員を置かなければ、国から博物館として認められることはできません。

学芸員の仕事

博物館の展示物の収集、整理、保存、展示といった作業を実施します。また、博物館で行われる特別展の企画や、社会教育活動なども担います。事務を行うスタッフと共に博物館の運営業務に携わることもあり、総じて学芸員は博物館におけるあらゆる仕事をこなす存在と言っていいでしょう。

学芸員の年収/勤務体系/福利厚生

学芸員を雇用する博物館はある程度の規模を持ったものが多く、金額は多くはありませんが、収入は安定しており、福利厚生も整っています。勤務は開館前の準備から始まり、閉館後の片付けや展示物の作成など、極めて長時間にわたる博物館も少なくありません。水族館や動物園といった生き物を展示する施設では、交代で夜勤などもあります。

学芸員のメリット・デメリット

学芸員のメリットは、博物館に勤めることで、そこでの業務に密接に関わることができるという点です。来館者としてではなく職員として博物館に触れ、博物館や展示を中からより良いものに変えていくことができる職業です。そのような存在は日本全体を見てもほんの一握りであり、とても価値のある職業と言えるでしょう。

デメリットとしては、仕事が多岐にわたり、その量が多いことが挙げられます。一つの博物館に何十人もの学芸員が居ることは少なく、そのため一人当たりの仕事量は極めて膨大なのです。

学芸員に向いている人・向いていない人

博物館が資料の収集・保存だけをしていれば良い時代は終わり、社会教育の場としての役割が重視される時代となりました。そのため、来館者に積極的に知識を伝えていけるようなコミュニケーションスキルに優れ、活動的な人がこれからの時代の学芸員に向いている人と言えます。

逆に収蔵庫で展示品の管理作業だけをしたい、あまり人と関わりたくないといった、これまで考えられてきた博物館における学芸員像を夢見ている人にとっては、現代における学芸員は向いているとは言えません。

学芸員の将来性

博物館は、これまでの歴史で何度もその在り方が変わってきた存在です。現在、博物館は展示から教育へと、その比重が移りつつあるように、今後もまた新しい役割が追加されることも考えられます。学芸員も、仕事が無くなることはありませんが、時代の変化に柔軟に対応することが求められるでしょう。

学芸員になるには

Kei Tanakaさん(@k_15_explosion)がシェアした投稿

学芸員になるには、学芸員の資格が不可欠です。資格を取得するには、大学において単位を取るか学芸員資格認定試験に合格し、その後1年間の実務経験を積むことが必要となります。特例ではありますが、豊富な実務経験などがあり、論文を書いてその博物館に関する知識を認められることができれば、試験を行わない無試験認定を受けることも可能です。

しかし学芸員の資格を取ったとしても、必ず博物館に勤められるわけではありません。学芸員は日本全体でも極めて募集人数の少ない職業であるとともに、博物館の展示内容によって応募資格が制限されていることが多いからです。

昭和がテーマの歴史博物館を例にしますと、大学において近代史を専攻した人以外は応募できないといった制限が設けられていることが多々あります。そういった条件が無く、資格を持っていれば誰でも応募できる学芸員の募集もありますが、当然人が殺到し、高い倍率の中を勝ち抜かなければなりません。

学芸員の魅力

学芸員は、まず仕事に就くまでに激しい競争をくぐり抜けなければならず、その後も博物館におけるあらゆる業務をこなす必要がある大変な職業です。しかし、博物館で働くというのは、限られた一部の人しか体験することができない極めて希少なものであり、それだけでも計り知れない価値があります。また、展示や教育活動を通して人に喜んでもらうことができ、社会に大きな貢献ができるのも学芸員の魅力です。

その他、様々な職業を紹介している職人図鑑は下記のリンクにてご覧ください。

職人図鑑をみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加