バーテンダーのなり方|気になる年収や必要な資格は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バーテンダーとは

バーテンダーとは接客業の一つで、お酒を作って提供する仕事です。一般にはシェーカーを振ってカクテルを作るイメージが定着していますが、バーテンダーの仕事とはそれだけではなく、多岐にわたります。バーテンバーのお仕事の詳細からなり方までを徹底解説します。

Yoko Igarashiさん(@bkkyoko)がシェアした投稿

バーテンダーの仕事

バーテンダーの仕事は、当然ですがまず第一に、カクテルを作って提供することです。客の求めに応じたカクテルを作るだけでなく、その場の状況に応じた対応力が求められます。

また、バーの維持管理もバーテンダーの業務です。単に酒を作り客に提供するのみならず、店や道具の管理や原酒の仕入れ・発注もバーテンダーの仕事になりますし、時にはこのためだけに資格を要する場面もあります。さらにはカクテルのみならず、フルーツや食事を調理することもよくあります。

バーテンダーの年収/勤務体系/福利厚生

バーテンダーの時給は概ね1200円以上が相場です。1000円をわずかに上回る程度ですが、そのほかの資格の必要ない接客業と比較してみると、時給的には悪くはありません。バーテンダーの勤務時間帯は様々ですが、午後10時から午前5時までの時間は深夜手当も発生します。大変な業務が多いものの、収入についてその分見返りがあるといえます。

バーテンダーのメリット・デメリット

バーテンダーのメリットは、お酒やカクテルに関する知識がつくこと、勤務時間帯が遅いため給与がいいことなどが挙げられます。

反対にデメリットとしては、業務中はほとんどの時間が立ち仕事となるので、体力的にも辛いことです。バーテンダーの勤務時間は夕方から深深夜がほとんどですが、この勤務時間に慣れるまでも一苦労といえます。客がいる間は常に気を回す必要があるので、気疲れすることもあるでしょう。

最も手間なのが、迷惑客への対処です。バーという性質上、どうしてもお酒がつきものですよね。酒を飲むことによって、暴れたり怒鳴る客も少なくないことから、バーテンダーが対応しなければならないこともあり得ます。客がお店を汚してしまった場合の清掃等もしなくてはなりません。なかなか大変ですね。

バーテンダーに向いている人・向いていない人

資格の不要なバーテンダーにとって、最も重宝されるのはコミュニケーション能力です。常に客や周囲に配慮をしつつ、巧みなトークで客を楽しませることもバーテンダーにとっては重要です。人と接するのが好き、得意という人には向いている仕事でしょう。

反対に向いていないのは、人と接するのが苦手な人、深夜まで起きているのが苦手な人などです。たくさんのことを覚える必要があるため、物覚えに自信がない人などにも向かないでしょう。

バーテンダーの将来性

バーテンダーはそれなりに人気の仕事ですが、最近は人件費の高騰で人を減らすことも増えているので、必ずしも将来性があるとは言い切れません。顧客のニーズに沿ったリーズナブルなバーが増えていることも背景にあります。

バーテンダーという仕事自体がなくなることこそはありませんが、このような競争激化のもとでは、優れた待遇を求められる見込みはほぼないといえます。しかしバーテンダーも飲食業のひとつなので、バーテンダーを経験することによって他の職種への活路も開ける余地がありますし、独立すれば自己の経営手腕を発揮して高い収入を得ることもできるでしょう。

バーテンダーになるには

バーテンダーになるための資格などは特にありません。しかしまずはお酒が作れなくては始まらないので、カクテルに関する専門知識を学ぶ必要があります。その後カウンターに立ち、手際やその他の業務を覚えていくことになります。資格こそ必要ありませんが、いずれの業務についても軽視せずに取り組む必要があるでしょう。

バーテンダーが一人前になるまでの道のりは厳しいと言えます。単なるテクニックや知識を得ておくに留まらず、バーテンダーとしての素養を磨くことやバー独自の作法を身につけることも必要になるからです。これらを身につけるために、バーテンダーは長い期間下積みをするわけです。気に入ったバーがあれば、そこで弟子入りを志願するのも悪くないでしょう。

また、バーテンダーに必須の資格はありませんが、バーテンダーの腕を証明するための資格は存在します。バーテンダー呼称技能認定試験とインターナショナル・バーテンダー呼称技能認定試験とがあるので、働き始めてキャリアが形成されてきたらこうした資格の取得にチャレンジするとよいでしょう。

バーテンダーの魅力

バーテンダーという仕事の最大の魅力は、その時々やってくるお客さんとの出会いや時間であるといえます。本当にお客さんに喜んでもらうには、ただ技術を身に着けるだけでは十分ではありません。バーテンダーができる最高のおもてなしとは何かを考え、人を楽しませることを真剣に考えられるのがバーテンダーのよいところです。人に喜んでもらえる仕事がしたいと思う人は、ぜひバーテンダーを目指してみてください。

職人図鑑を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加