ケアマネージャーになるには?給料・仕事内容・課題・メリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケアマネージャーとは

出典:Pixhere

一般的にケアマネージャーと呼ばれる介護支援専門員は、介護サービスを必要としている利用者のためにその人が快適にサービスを受けられるように支援する役割を担っています。

具体的には、家族や要介護者の相談に乗ってケアプランを作成したり自治体や事業所と連携を取り、利用者の方が満足にサービスを受けられるようにサポートします。

また、資格試験に合格し、資格取得後に実務研修を行うことで初めてケアマネージャーとして働くことができます。つまり、豊富な知識と経験を持つ福祉専門職のエキスパートといえるでしょう。

ケアマネージャーの仕事内容


出典:写真AC

ケアマネージャーの仕事内容は、主に5つにわけることができます。では、実際にケアマネージャーがどのような仕事を行っているのか見ていきましょう。

①ケアプランの作成

介護や支援を必要とする利用者の方のために、予算や希望など状況に合わせてそれぞれにあった介護サービスを提示します。例えば、身体の自由が利かず外出もままならない高齢者の場合は在宅介護を提案します。

提案したら、各自治体や事業所に連絡を取り、利用者がサービスを受けられるまで支援をするのです。

また、ケアマネージャーは介護保険サービスの提供だけでなく金銭管理サービス・ボランティア・弁当の宅配・日常生活用具の給付・介介護用品の支給なども行っています。

②申請代行

介護保険を受けるために必要な要介護認定の申請代行もケアマネージャーの仕事です。手続きがよくわからない利用者の方のために行います。

③給付管理

利用者やご家族に支給される介護保険の支給限度額内に収まるよう、ケアマネージャーが計算をして毎月の負担額を利用者の方に提示します。そこで、利用者とご家族の確認と承認を得た後、事業所と調整を行います。

また、利用予定通りにサービスが提供されたかをチェックし、国保連に必要書類を送付します。

④モニタリング

ケアマネージャーが作成したケアプラン通りに介護サービスが提供されているかどうかを確認する業務です。施設や自宅に訪問して利用者の方の状況や状態をチェックします。

⑤相談支援

介護サービスを受けている利用者の方やご家族の相談に乗ったり、ホームヘルパーや介護士をまとめることもケアマネージャーの仕事です。

ケアマネージャーと介護福祉士の違い


出典:写真AC

ケアマネージャーは、公的な認定資格ですが介護福祉士は国家資格になります。ケアマネージャーの受験資格が実務経験5年に対して介護福祉士の受験資格が実務経験3年と、ケアマネージャーの方がより高い経験を求めます。

また、業務内容も大きく異なり、介護福祉士が直接、要介護者に介護サービスを提供しますが、ケアマネージャーは直接介護サービスを提供する機会は少ないでしょう。

ケアマネージャーの給料


出典:写真AC

ケアマネージャーは介護職の中でも高収入の職種になります。厚生労働省の2018年度調査によると、基本給が平均217,590円です。手当や一時金を足して算出されたものだと平均348,760円となり高所得が見込めることがわかります。

また、ケアマネージャーの給料は基本給・給与ともに前年より上がっているのが現状です。介護職の需要を考えると、今後もケアマネージャーの賃金引上げが予想されるでしょう。

また、ケアマネージャーの働き方として、施設で働く場合と居宅で働く場合があります。居宅勤務の場合は基本的に夜勤がないため、夜勤や介護職と兼任することのある施設勤務に比べて所得が少なくなる傾向があります。

施設ケアマネージャーは夜勤や残業があり、働きづらいのでは?と不安に思う方もいるでしょう。そこで、事業所と介護施設が併設されているより働きやすい「浴風会」を紹介します。

【浴風会】

住所:〒168-0071東京都杉並区高井戸西1-12-1
電話番号:03-3334-2101
URL:http://www.yokufuukai.or.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す