ホームヘルパーになるには?資格・給料・福利厚生・メリット・働き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームヘルパーとは


出典:写真AC

ホームヘルパーとは、介護が必要な方の自宅に訪問して食事補助など身体介助から精神面・家事のサポートを行います。また、要介護者だけでなくその周りの家族のサポートも行い、要介護者の方に気持ちよく生活していただくよう支えます。

以前はホームヘルパーの資格が存在していましたが、ホームヘルパー3級は2013年に廃止され、ホームヘルパー2級とホームヘルパー1級は介護職員初任者研修と実務者研修に移行されました。

これは、「介護職において優秀な人材をより多く育成する」ことを目的に介護資格制度の見直しが行われたためです。将来的に今より多くの介護職員を必要とする日本で、知識と経験のある人材を確保しようという取り組みです。

ホームヘルパーの仕事内容


出典:写真AC 

ホームヘルパーは自宅に暮らす要介護者の方の生活や精神面のサポートを行います。具体的には、「身体介助」「通院介助」「生活援助」です。

身体介助は、入浴・食事・排泄(はいせつ)・着替えなど実際に要介護者の方の身体に触れて介助を行います。他にも、それに伴う準備や後片付けも行います。

通院介助は、要介護者の方の検診や通院などホームヘルパーが車を出して送迎や付き添いをします。

生活援助では、掃除・洗濯・調理・買い物など要介護者の方の身体に直接触れない家事のサポートも行います。一見、家政婦さんなどの家事代行サービスのような仕事にも思いますが、あくまでも要介護者の方の普段の暮らしをサポートするための仕事です。

ホームヘルパーの給料と福利厚生


出典:写真AC

平成29年度の介護労働実態調査によると、ホームヘルパー(訪問介護)の平均月収は198,486円でした。平均賞与額は371,984円と介護職員よりも低くなっています。平均年収は2,746,000円です。

平成29年度に厚生労働省が発表した「賃金構造基本統計調査」によると、ホームヘルパーの平均年齢が46.9歳で賞与込みの月給が26.1万円となっています。

2017年度からは、介護職員の処遇改善を行い月額1万円引き上げる取り組みもなされています。

ホームヘルパーは正社員からアルバイト・パート、派遣まで様々な働き方があります。中には、派遣社員でも健康保険や厚生年金の加入ができるところもあるようです。

休日は、非常勤の場合は自由に取れるところが多いですがサービス提供責任者や主任ホームヘルパーになると休日出勤があったり、希望通りに休日を取ることは難しいようです。ホームヘルパーは女性の割合が比較的高く、主婦や子供がいる方でも働きやすい環境となっています。

また、介護職員の需要が高いため、長期に渡って働けます。

ホームヘルパーになるには?


出典:写真AC

資格がなくてもホームヘルパーになることはできますが、知識や経験を持ちホームヘルパーとして働きたいという方には資格取得をおすすめします。

上記にも挙げた通り、介護職員初任者研修を受講して資格取得をすれば基本的な介護知識とスキルがある証明になります。ホームヘルパー2級ではカリキュラムを受講することで資格取得ができましたが、介護職員初任者研修では修了試験で合格しなければ資格取得ができません。

なお、ホームヘルパー2級を取得している人は今後も履歴書などで資格取得者として名乗ることができます。

介護職員初任者研修は130時間の基礎知識・倫理・実務を学ぶため、3か月~6か月の期間を要します。

ホームヘルパーのメリット・デメリット


出典:写真AC

どんな仕事にもやりがいや嬉しいことがある反面、苦労や辛いことも付き物です。ここでは、ホームヘルパーのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリット

ホームヘルパーは無資格・未経験でも始めることができます。介護事業所に入って、実務経験を通して資格取得を目指すことも十分可能です。介護職は国家資格をはじめとした多くの資格があるため無資格・未経験からでもキャリアアップが見込めます。

また、ホームヘルパーは要介護者の方だけでなくその周りの家族のサポートもできるため大変やりがいを感じられる仕事です。少子高齢化がすすむ日本で社会的貢献度の高い仕事といえるでしょう。

デメリット

ホームヘルパーは要介護者の方の自宅に訪問して介護を行うため、家族とのコミュニケーションを取ったり、その家に合わせた介護を行わなければなりません。そのため、初めのうちは精神的にも身体的にも疲れてしまうおそれがあります。

また、排泄(はいせつ)処理や入浴介助など綺麗でない仕事も行います。時には、汚物に触れることもあるので覚悟を持って働かなければならないのです。

ホームヘルパーをはじめとした介護職員として伸び伸びと働ける社会福祉法人「浴風会」をご紹介します。

【社会福祉法人浴風会】

住所:〒168-0071東京都杉並区高井戸西1-12-1
電話番号:03-3334-2101
URL:http://www.yokufuukai.or.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す