【創業100年】松根屋の扇子おすすめ12選!|普段使い・贈り物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

松根屋とは

松根屋とは、東京都浅草に店を構える扇子と団扇の専門店です。松根屋は大正3年に創業し、100年以上の歴史があります。グッズ製作や松根屋オリジナル商品も手掛けており、100年続く昔ながらの扇子や団扇の良さを活かしながらも、現代のアーティスティックな部分も取り入れた商品を取り扱っています。

店内に入ると、壁一面に色鮮やかな扇子が飾られており、とても楽しい空間が広がっています。浅草駅より徒歩3分とアクセスも良いので、浅草に訪れた際にはぜひ一度立ち寄っていただきたい名店です。

ここからは、そんな松根屋の扇子の中からおすすめのものをご紹介します。

松根屋おすすめの扇子その1【手書きオリジナル扇子】


出典:松根屋

まず初めにご紹介する松根屋おすすめの扇子は手書きオリジナル扇子です。

こちらの扇子は1本1本すべて手書きで描かれています。そのため、それぞれに味があり世界に二つとない味のある扇子となっています。

また、こちらのデザインを描いたのは「柏原晋平さん」というアーティストです。この方は、絵画や水墨画を独自で習得し、松根屋の扇子以外にも、屏風や着物、Tシャツなど様々な作品のデザインを手掛けています。

まさに、松根屋の扇子の中でもアーティスティックな扇子といえるでしょう。若い方からご年配の方まで幅広くお使いいただけます。

松根屋おすすめの扇子その2【十二支オリジナル扇子】


出典:松根屋

次にご紹介する松根屋おすすめの扇子は十二支オリジナル扇子です。

こちらも、上記に紹介した扇子同様、柏原晋平さんのデザインとなっています。ただ、こちらの扇子は手書きではなく、シルククリーン印刷とよばれる方法で原画を転写しています。そして、パール引きがなされているため上品な光沢があります。

また、このコラボ扇子は毎年限定100本のみの販売となっているので、お求めになる方は早めのご購入をおすすめします。

根屋おすすめの扇子その3【唐木骨】


出典:松根屋

続いてご紹介する松根屋おすすめの扇子は唐木骨と呼ばれる扇子です。

こちらの扇子では、扇子の骨に「唐木染め」とよばれる技法が用いられています。そもそも、唐木とは紫檀(したん)や黒檀(こくたん)などの高級木材のことを指し、遣唐使の頃に多く輸入されたことから名づけられました。唐木染めは国産の木を塗装して唐木のように見せる方法です。

白木(そのままの木地)に比べて深い茶色のような色味をしており、味のある作品に生まれ変わります。

松根屋おすすめの扇子その4【黒塗骨】


出典:松根屋

次にご紹介する松根屋おすすめの扇子は黒塗り骨の扇子です。

黒塗り骨の扇子は茶道や日本舞踊などの際によく見られますね。上品で品格のある仕上がりとなっているため、お土産やプレゼントなどにもおすすめの扇子です。

中には、金箔をあしらっているものもあり、扇子上級者の方やご年配の方におすすめです。

松根屋おすすめの扇子その5【煮すす骨】


出典:松根屋

続いておすすめする松根屋の扇子は煮煤竹(にすすたけ)で作られた扇子です。

煮煤竹とは、自然な状態の竹を灰で煮て染めたものをいいます。この煮煤竹を用いた扇子になります。若干、唐木骨に似ていますよね。煮煤竹のほかにも、煙を人工的に作り燻して(いぶして)加工する焼煤竹という技法もあります。

煮煤竹の扇子は様々な柄があり、男性におすすめの富士山などの粋な柄から桜の花や猫などの可愛らしい柄まで豊富にあります。

松根屋おすすめの扇子その6【螺鈿】


出典:松根屋

次におすすめする松根屋の扇子は螺鈿(らでん)があしらわれたものです。

写真を見てみると、親骨の部分にちょこんと螺鈿があしらわれています。主張しすぎず、さりげないポイントの螺鈿が可愛らしいですよね。

螺鈿(らでん)とは貝殻を用いた装飾技法のことで、独特の輝きを帯びています。キラキラしたものが好きな女性におすすめの扇子です。

松根屋さんでは、オリジナルブランドも手掛けています。その名も松扇堂(しょうおうどう)。是非チェックしてみてください。

【松根屋】

住所:東京都台東区浅草橋2-1-10
アクセス:JR総武本線「浅草駅」より徒歩4分
松根屋URL:https://matsuneya.jp/
松扇堂URL:http://showohdo.handcrafted.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す