メリケン粉とは小麦粉の別名?メリケン粉の呼び名の由来や歴史

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メリケン粉とは

メリケン粉とは、簡単にいうと小麦粉の別名です。現代では小麦粉と同じ意味の言葉として使われることがありますが、昔は日本で作った小麦粉を「うどん粉」、アメリカで作った小麦粉を「メリケン粉」と分けて呼んでいました

現代ではほとんど使われていない言葉ですが、沖縄では「メリケン粉投げ」という文化があり、その言葉が使われています。これは卒業式にメリケン粉を投げ合ってお祝いする風習です。

投げると白い粉が舞うことから祝いごとに向いているとして行われています。ただし全ての学校が現在でも行っている風習というわけではなく一部にて残っている習慣とされています。

また沖縄以外でも、昭和生まれなど一定年齢以上の人であれば聞き覚えのある言葉です。そして関西地方では昔から小麦粉がよく使用されていたことから、他の地域よりもその呼び方が定着していました。そのため比較的他の地域よりも現代でも使うことが多いです。

メリケン粉の言葉の由来


出典:写真AC

メリケン粉と呼ばれるようになった理由は、メリケン粉が「アメリカ製である」ことです。アメリカは英語で書くと「America」ですが、アメリカ人やアメリカ風という意味の言葉は「American」となります。

これを最初のAをとってローマ字読みすると「メリケン」となります。このことからアメリカ製である小麦粉は日本製の小麦粉とは分けてこう呼ばれるようになりました。

メリケン粉と小麦粉の関係

メリケン粉と小麦粉は現代では一緒のものとされています。ですがメリケン粉が登場した当時は日本産の小麦粉とは別ものとして考えられていました。日本では小麦粉を使う主な目的はうどん、アメリカで小麦粉を使う主な目的はパンでした。

日本の小麦粉とは違い近代的な製法がされていたために粉が白く、また日本産でないことを分かりやすく区別するために別々の通称がついたとされています。

現代では日本産の小麦粉も近代的な製法がされており粉も白いので、これといった大きな違いはありません。現代ではあくまで小麦粉の「昔の言い方」とされています。

メリケン粉の歴史


出典:写真AC

メリケン粉という言葉が誕生したのは明治時代です。当時日本でも小麦粉が作られていましたが、この時期にアメリカから小麦粉が輸入されるようになりました。

日本ではその頃石臼を使って小麦粉を作っていましたが、機械で製造されるアメリカ製の方が質が高かったのです。そのため初めてアメリカ産の小麦粉を見た人はとても驚いたそうです。そしてそれ以降、日本ではアメリカ産の小麦粉が主流になっていきました。

しかしその後に日本でも機械で製造されるようになり、アメリカ産に負けない品質、同じように白い小麦が作られるようになりました。しかしそれは簡単なことではなく、日清製粉株式会社(当時の舘林製粉株式会社)が苦労を重ねて製作していったのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す