「東奔西走(とうほんせいそう)」の意味や使い方|右往左往との違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業の資金集めに東奔西走した。 「東奔西走」という四字熟語は例えばこのようなときに用いられます。 また、読み方は「とうほんせいそう」ですが、稀に「とうほんせんそう」と間違えて読まれる場合があるので注意しましょう。

ここではそんな東奔西走の意味や由来、使い方などをご紹介します。

東奔西走の意味

東奔西走とは、目的の達成や仕事を処理するために、忙しく走り回るという意味があります。 ちなみに東奔西走を英語に訳すと「busying oneself about something」や「being on the move」といったものになります。どちらにも、目的のために忙しく動きまわるといった意味があります。

東奔西走の由来 ・言葉の背景

東奔西走という四字熟語に含まれる「奔」という文字、「走」という文字には、いずれも走るという意味があります。 さらに「奔」はもともと「止」という字を三つ組み合わせたことで、より速く走るという意味を持っています。

似た言葉に「奔走」がありますが、これは、物事を実現させるために走り回って努力するという意味で、東奔西走と類似しています。 そして、「東西」には、広い範囲や地域という意味があり、広範囲を飛び回ったおかげでよい結果が得られそうだ、という時に用いられるのが東奔西走なのです。

また、東奔西走はある程度目的が達成されている場合に用いられる熟語なので、例えば仕事における上司からの理不尽な命令や、突然のトラブルによってうろたえて走り回り、結果がともなわないような場合には用いられません。

このように目的が達成されないような場合には、東奔西走ではなく「右往左往」という熟語を用いるのが適切です。右往左往は、「何をしてよいかわからずにあたふたしている」様子や、「うろうろと歩きまわったり走り回ったりしたものの、うまくいかなかった」様子を表していて、東奔西走とは若干意味が異なります。

これに似た言葉では、「てんてこまい」や「きりきりまい」があり、どちらもとにかく忙しくてあたふたしている様子や、忙しすぎて手が回らないという様子を表すもので、目的が達成されたときに用いられる東奔西走とは異なる言葉です。

日本人なら知っておきたい国語の知識「国語」の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す