「穿った(うがった)見方」の正しい使い方|意味・由来・例文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「君はうがった見方をするタイプだなぁ」と言われた場合、あなたは嫌味を言われたと感じますか?それとも褒められたと感じますか?

「言葉は時代に応じて柔軟に変化していく生き物だ」というような捕らえ方をする方がいますが、余りにも本来の意味とかけ離れた理解は言葉の誤用を招き、文化が脆弱になってしまう危険性を孕んでいます。

2011年に文化庁が行った国語に関する世論調査では、実に約7割近くの回答がうがった見方の意味を本来の意味ではなく誤って理解していることが判りました。

つまり、うがった見方という言葉は誤った意味で捉えられ、誤用されている言葉の代表的な存在だと考えられます。うがった見方の本来の意味や使い方を掘り下げいきましょう。

うがった見方の本当の意味とは?


出典:写真AC

うがった見方という言葉を分析すると、穿つ(うがつ)ような見方を指していることが判ります。現代では穿つという言葉が使われることは少なくなってしまったかもしれませんが、穿つには穴を開けるという意味があります。

転じて物事の本質を見極めるという鋭い洞察力を指す場合に使用されるようになりました。

つまりうがった見方というのは、本来は「穿つように鋭い洞察力で物事の本質を見極めるような見方」という意味を持つ言葉なのです。うがった見方は褒め言葉ということになります。

既述した世論調査の中では全体で約半数の人が本来の使い方ではない、「疑ってかかるような見方をする」という意味で使っており、また、約5人に1人が分からないと答えています。

また、穿った(うがった)という言葉を用いたことわざの一つに「穿ち過ぎ」という言葉があります。これは、物事の本質や人情の機微をとらえようと執着するあまり、真実からかけ離れてしまうことを指し、この言葉からうがった見方の誤った意味に影響を与えたと考えられています。

本来褒め言葉であるうがった見方も、受け取り手によっては「嫌味を言われた」と感じてしまう危険性があるということですね。

うがった見方はどこから由来している?


出典:写真AC

うがった見方の穿つという言葉が、穴を開けるという意味を持つことは既に紹介しました。穿つという漢字は穴と牙で構成されています。

表意文字として考案された漢字は文字の構成から、ある程度その文字の背景を読み解くことが可能な文字ですから、 本来穿つという言葉は獣が牙で穴を掘る様子や、獣の牙を利用した道具で穴を掘る様子を指し示していたのではないかと考えられます。

本来、物事の本質を鋭く見極める洞察力を指すうがった見方が誤用されるに至った背景には、余りにも深掘りし過ぎて到達した結論は、実は本質とはかけ離れてしまうことがあるということを揶揄していたという説があります。

他にも、現状に惑わされることなく本質を見極めるためには物事を疑ってかかる見方が必要なことから、「ひねくれた、素直でない、偏見に満ちた見方」という誤用を招いたのではないかと考えられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す