【水道水がミネラルウォーター?】日本各地のおすすめミネラルウォーター5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島国である日本は国土の約67%に当たる約2,500万ヘクタールもの森林面積を誇り、世界でもトップクラスの森林保有率を誇っています。

また地質に大きく影響されるために一概には言えませんが、一般的に日本の水は硬度が低い軟水が多いと言われています。

実際に日本国内を見回すと、大都市や工業地帯の意外に近い所まで自然が迫っている状況で、かつてマルコポーロに黄金の島ジパングと呼ばれた日本は、緑の深い森林の国であるといっても過言ではないでしょう。

飲料水として使用できる豊富な湧水は日本各地で湧いていたため、かつては「水資源の豊富な日本では諸外国のようにミネラルウォーターは売れない」とまで言われていました。

しかし生活習慣の変化や健康志向の向上などの影響を受ける現在、日本国内でも多くのミネラルウォーターが消費されています。

今回はおすすめの国産ミネラルウォーターを5つ紹介します。

おすすめのミネラルウォーター①

いいみずいみず


出典:日本橋とやま館

いいみずいみずは富山県射水(いみす)市の射水市水道事業が製造しているミネラルウォーターで2016、2017、2018年と3年連続でモンドセレクションの最高金賞を受賞するおすすめのミネラルウォーターです。

2018年度は最高金賞と共に国際優秀品質賞も同時受賞するなど高い評価を得ています。 上水道が美味しいと評判の、射水市の上水道供給に利用されている広上取水場で採水した水を浄化、加熱処理しペットボトルに封入した、「いいみずいみず」は現在多くの市町村が発売している上水道を利用したミネラルウォーターです。

良質の水が採取できる取水地を持たなければ商品化は難しいと言えますが、既述のように食品品評で有名なモンドセレクションで高い評価を受けるだけの実力を備えたおすすめのミネラルウォーターだと言えるでしょう。

おすすめのミネラルウォーター②

越前の自然水


出典:盛田

美味しい米として人気の高いコシヒカリ発祥の地、福井県は良質の水が湧き出る場所として古くから米作りや酒造が盛んな土地でした。

自然豊かな越前山系に源流を持つ水を利用して作られたのが、多くのお茶を開発販売するおすすめのブランドハイピースです。

越前の自然水はハイピースブランドが発売しているミネラルウォーターで、口あたりの柔らかな天然水を加熱処理してペットボトルに詰められています。 福井の大自然が育んだ天然水に無駄な手を掛けることなくボトリングした越前の自然水は、飲料はもちろん調理やお茶を入れる際に使用しても美味しく頂けるおすすめのミネラルウォーターです。

ペットボトルもサイズも携帯に便利な330mlとガッツリ楽しめる500ml の2サイズが発売されているので、用途に応じてサイズが選べるのも嬉しいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加