お歳暮のお返しに関する悩みを解決!お歳暮のお返しの注意点など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お歳暮は一年の締め括りとして、日頃お世話になっている方への感謝の気持ちとして贈るものです。ところで、皆さんはお歳暮が届いたらお返しはどうしていますか?品物選びはどうしよう、とかお返しとして失礼のないものを、など考えることも沢山あるかと思います。

実はお歳暮が来たら、必ずしも品物でお返しをするのがマナーというわけではなく、葉書やお手紙などでお礼状を書くのが一般的です。ただしこのお礼状は、お歳暮が届いたら三日以内に返すのが良いとされています。お歳暮に限らず、何か品物を頂いたら、すぐにお礼を言いたいですよね?

お礼状もそれと同じことです。

しかしお歳暮を頂いたら、こちらからも贈りたいという方もいるかと思います。そういった時は、素敵な贈り物をするという心構えで贈りましょう!お歳暮をお返しする場合でも、お礼状は必ず先に書いて送りましょう。

お歳暮のお返しを贈るタイミング


出典:写真AC

では、お返しを贈るタイミングはいつまでがいいでしょうか?基本的には、お歳暮を頂いたらすぐにお返しするのがベストと思います。お歳暮の時期は12月の初旬から25日くらいまでと決 まっているので、その期間までに贈るのが望ましいです。

お歳暮のお返しの相場


出典:写真AC

さて、お歳暮のお返しを贈る上で悩むのは品物の価格です。こちらからお歳暮を贈るときは、無理しない程度の値段で大体3,000円から8,000円位が一般的ですが、では、お返しはどうでしょうか。

お返しは、頂いた品物と同じくらいの値段のものを選びましょう。ちなみに様々な事情で、お歳暮のお断りをする際に、頂いたものよりも高い品物を贈り、お手紙を添えることがあります。そのため、お返しで頂いた品物よりも高価なものを選ぶと、返って失礼に当たるので気をつけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す