【グラスにそびえる富士の山】田島硝子「富士山グラス」の美しい景観

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

田島硝子の富士山グラス


出典:田島硝子

田島硝子の富士山グラスはグラスの底にデザインされている富士山が、注がれた飲み物によってさまざまな色に変化するロックグラスです。

ウイスキーで黄金富士、赤ワインで赤富士などお好みの飲み物でグラスの富士山が美しく揺らめきます。 富士山グラスは「おみやげグランプリ2015」で観光庁長官賞を受賞すると、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」で口コミが広がり、中国本土、香港、その後台湾でも話題となりました。


出典:楽天市場

日本でもテレビ番組に取り上げられると注文が殺到し、知る人ぞ知るヒット商品となっています。 また、富士山グラスはオプションでグラスに名入れや木箱にメッセージを入れることもでき、プレゼントに最適な逸品となっています。

田島硝子って?


出典:東京手仕事

富士山グラスを製造している田島硝子は、1956年東京都江東区に硝子食器製造工場として田嶌松太郎氏によって創業され、業務用のタンブラーやワイングラスの製造を開始しました。

以来、半世紀にも渡り熟練した職人の手づくりによる江戸切子メーカーとして、日本の手づくりガラスの魅力と文化を継承しています。

田島硝子のガラス製品は確かな製品開発力や技術力のもと生産され、現在では他工房へもデザイナーや硝子生地の供給を行うほか、第三回東京都チャレンジ大賞も受賞し、硝子素材を熟知したメーカーとして、日本のものづくりに貢献しています。

田島硝子も手がける「江戸切子」とは


出典:田島硝子

江戸切子は、江戸時代に英国製のカットグラスを参考に表面に彫刻を施したのが始まりとされます。

明治時代になると英国人の技術指導によって西洋式のカットや彫刻技法が導入され、精巧なカットの技法が確立されました。

江戸時代には透明なガラスだけでしたが、現在では、色被せ(いろきせ)ガラスを使った製品が主流です。 切子はガラスの表面に金属製の円盤や砥石などによって模様を切り出す技法で、菊や麻の葉といった植物をはじめ、篭目や格子などの伝統的な生活用具を図案化した模様を組み合わせて作り出されます。

この模様は非常に精緻なものですが、下絵がガラス面に引かれることはなく、職人の経験を積んだ目と熟練した技によって削り出されます。

江戸切子と薩摩切子、その違いをご紹介します。

田島硝子のワインブラー


出典:田島硝子

 田島硝子のワインブラーは、底部の凸部分のガラスを厚くすることにより、器の肩でバランスをとり、傾けても倒れないユニークなワイングラスです。

ワインブラーとはワイングラスとタンブラーを掛け合わせた造語で、ワインのテイスティングの際に、香りを立たせるために軽くグラスを回すスワリング効果や、氷と飲み物をかき混ぜやすくします。

テレビの情報番組で紹介されると第三回東京都チャレンジ大賞で都知事賞を受賞し、おみやげグランプリ2015のグッズ・ノベルティ部門で、各国賞(韓国)も受賞していて、結婚式の引き出物としても最適のアイテムとなっています。

田島硝子の商品はどこで買う?


出典:田島硝子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す