おしゃれな写真が撮れる全国のフォトスポット7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日SNSに競い合うように投稿されるおしゃれな写真の数々。

どうせなら、周囲とは少し差をつけた自分らしい写真を投稿したいですよね。でもどんな写真がいいか分からない…という人に朗報!周囲とは一味違ったフォトジェニック写真が撮れちゃう、全国のおすすめのスポットをご紹介します。

おしゃれな写真がとれるスポット

眼鏡橋/長崎

出典:写真AC

眼鏡橋は、長崎県の中島川にかかるアーチ型の石橋です。日本最古のアーチ型石橋である眼鏡橋では、レトロでおしゃれな写真を撮影できるスポットとなっています。ちなみに、名前の由来は「水面に映った姿からがメガネに見えるから」です。

何もないときに撮影しても良いのですが、長崎ランタンフェスティバルが行われている期間中や、紫陽花が咲くタイミング、夕焼けが沈むタイミングなどでシャッターを押せば、より一層おしゃれな写真が撮れるでしょう。ちなみに、石の中にハート型の石があるので見つけてみてくださいね。

【所在地】長崎県長崎市魚の町

【アクセス】長崎駅から路面電車で5分。公会堂前を下車して徒歩で5分。

おしゃれな写真がとれるスポット

銀山温泉

出典:写真AC

大正時代にタイムスリップしたかのような雰囲気が溢れている温泉郷です。情緒あふれる景色や建物が至る所にあるので、どこにシャッターを向けてもおしゃれな写真になること間違いなしです。

特におすすめなのは、日ぐれのガス灯が灯った温泉街です。このようなフォトスポット以外にも、グルメにも定評があるので、グルメの写真を一緒にSNSに載せてインスタ映えも狙えます。

【所在地】山形県尾花沢市

【アクセス】「鉄道の場合」山形新幹線の大石田駅から、バスで約40分。「自動車の場合」国道13号の尾花沢バイパスから国道347号(母袋街道)に入って、山形県道29号尾花沢関山線、或いは山形県道188号銀山温泉線。

おしゃれな写真がとれるスポット

直島

「アートの島」と呼ばれる直島は、至る所にユニークなシンボルがあります。おしゃれな写真に、キュートさをプラスできるスポットです。なかでもイチオシなのは、「赤いかぼちゃ」と「黄色いかぼちゃ」です。まるで、大きなてんとう虫のようなビジュアルはインパクト十分。SNSに載せても注目してもらえることでしょう。

【住所】香川県香川郡直島町直島町宮ノ浦港フェリーターミナル

【アクセス】宮浦港すぐ

おしゃれな写真がとれるスポット

ひたちなか海浜公園 ネモフィラ

出典:写真AC

毎年、春になると青色のネモフィラが絨毯のように広がる「ひたちなか海浜公園」。日常ではまず見ることのできない美しい景色は、誰がシャッターを切ってもおしゃれな写真にしかなりません。この景色を見るために、毎年足を訪れるリピーターが後を絶たないのです。

【住所】〒312-0012茨城県ひたちなか市馬渡大沼605-4

【アクセス】「電車」JR常磐線勝田駅東口からタクシー・バスで約15分「車」常磐自動車道日立南太田ICから約15km。北関東自動車道~常陸那珂有料道路~ひたち海浜公園ICから約1km。

おしゃれな写真がとれるスポット

佐賀バルーンフェスタ

出典:写真AC

アジアで最大級の気球大会として知られています。上がるアドバルーンの数は100に及び、デザインもユニークなのばかり。よりおしゃれな写真に仕上げたいなら、「早朝の一斉離陸」は外せません。美しい朝日を浴びた、いくつものアドバルーンが上っていく姿は、感無量の一言に尽きます。

【住所】佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷

【アクセス】「自動車」長崎自動車道、佐賀大和ICから、国道263号線を佐賀方面へ。その後、国道34号線を右折し、西へ。「シャトルバス」臨時駐車場から15分~20分。競技会場のそばにある「JRバルーンさが駅」まで行きます。「電車」期間中の臨時列車「バルーンフェスタ号」は、JR佐賀駅→JRバルーンさが駅へ。

おしゃれな写真がとれるスポット

鳥取砂丘

出典:写真AC

日本唯一の砂丘といえば、鳥取砂丘です。10年もの歳月をかけて完成した造形美は、おしゃれな写真に壮大さをプラスしたい時に重宝します。最大の高低差が90メートルあるので、砂にシャッターを向けても、一辺倒なショットにならないのが魅力的。ラクダ遊覧やパラグライダーなどと一緒に撮影するのもおすすめです。

【住所】〒689-0105鳥取県鳥取市福部町湯山2164-661

【アクセス】「車」大阪、京都、名古屋、東京からの場合は、中国自動車道~佐用JCT~鳥取自動車道。「タクシー」鳥取駅からは、約20分。鳥取コナン空港からは、約15分。

おしゃれな写真がとれるスポット

富士芝桜まつり

出典:写真AC

約80万株にも及ぶ芝桜が広がる景色は、まさに圧巻。この景色だけでも十分おしゃれな写真になるのですが、富士山も一緒に撮影できるのがまた魅力的ですよね。美しいコントラストは、春のシーズンしか撮影できない景観です。

また、会場内では食に関するイベントが同時開催されているのも見逃せません。グルメのインスタ映えも同時に狙えるスポットです。

【アクセス】最寄インターは、「中央道河口湖IC」。最寄駅は、「富士急行線河口湖駅」。最寄バス停は、「富士芝桜まつり会場」。

【住所】〒401-0337山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212

以上、おしゃれな写真が撮影できるスポットを紹介しました。いかがでしたでしょうか?

今回紹介したスポットは、おしゃれな写真が撮影できるだけではなく、観光スポットとしても人気があります。写真撮影するついでに、ぜひ周辺の散歩も楽しんでください。また、これ以外のフォトスポットを自分で探すのも旅の醍醐味です。2018年は、カメラを片手に、色んなスポットに旅に出てみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加