老人ホームの種類と特徴をチェック!メリット・デメリット・入居条件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

有料老人ホームの種類

「介護付き有料老人ホーム」


出典:写真AC

こちらは、介護のサービスも行っている有料の老人ホームです。

介護付き有料老人ホームでは名前の通り、介護サービスも受けることができます。介護付き有料老人ホームは、原則として介護保険のサービスを利用できる65歳以上の方が対象となり、重度の認知症の方でも入居が可能です。

介護付き有料老人ホームには、専用型と混合型の2種類があり、混合型では要介護ではない自立生活可能な方でも入居できます。そして、基本的に終身利用であることと、要支援1~要介護5までの幅広い入居希望者を対象としている点も魅力です。

入居者の生活を支えるための安心安全な設備も完備しています。ただし、民間施設のため公共施設よりも費用が高いというデメリットもあります。

「住宅型有料老人ホーム」


出典:写真AC

住宅型有料老人ホームの最大のメリットは自分にあった介護サービスが自由に受けられることです。外部の介護サービスを利用して受けることになるため、必要な時にサービスを受けられます。また、杖や車いすなどの福祉用具がレンタルできる施設もあります。

老人ホームの種類の中では珍しい、介護が必要ない自立した生活を送れる方から介護が必要な方まで入居できる住宅有料老人ホームですが、介護度が高くなると介護サポートの範囲を超えてしまい、入居継続が困難になってしまうおそれがあります。

また、施設によっては医療体制が整っていないところもあるため、事前にしっかり確認することが大切です。

「健康型有料老人ホーム」


出典:写真AC

こちらの施設は、介護を必要としない元気な高齢者がより快適に暮らすための施設になっています。サービス付き高齢者向け住宅と似ていますが、介護が必要になった場合、退去しなければならないため注意が必要です。そのため、入居者条件は60歳以上の自立した方となっています。

レクリエーションやイベントなどが充実しており、一人暮らしに不安を抱えている高齢者の方でも安心して住むことができます。また、入居一時金が高額という特徴もあります。

「サービス付き高齢者向け住宅」


出典:写真AC

サービス付き高齢者向け住宅とは、まだ介護サービスを必要としない元気な高齢者のための施設を指します。より良く快適に安全な生活を送れるように日中には看護師や福祉士の資格を持つ人が常勤し、夜間ではなにかあれば速やかに駆けつけるよう義務付けられています。

買い物の代行や付き添い、部屋の掃除や食事の提供など必要に応じてサービスが受けられるので、快適な老後を送れます。

介護保険施設の種類

「特別養護老人ホーム」


出典:Pixhere

特別養護老人ホームは低価格で十分なサービスを受けられるため非常に人気のある老人ホームの施設です。そのため、なかなか入居ができないという面も持っています。

そもそも、養護老人ホームは介護施設という扱いではないため、場合によっては介護サービスを受けられることもありますが、基本的には介護サービスを受けることができません。

また、多くの養護老人ホームが短期的な受け入れを行っており、長期での利用が難しいという面があります。

一方、終身利用が可能な特別養護老人ホームは、収入と介護度によって月額費用が決定するため、低所得者の方でも入居することができる点も魅力の1つです。ただし、その地域に住んでいる方しか入居ができないため注意してください。

特別養護老人ホームの入居条件としては、要介護度3以上の65歳以上の方・特定疾病が認められた要介護3以上で40歳~64歳までの方・特例による入居が認められた要介護度1~2の方です。

入居待ちの多い特別養護老人ホームでは、被介護者の緊急性を考慮した入居を行っています。

「介護老人保健施設」


出典:写真AC

介護老人保健施設とは、医療サービスが整った介護施設になります。介護老人保健施設では、必ず医師が1人以上常勤していたりリハビリ専門スタッフや看護師も常勤しているので、安心してサービスを受けることが可能です。

介護老人保健施設は、元の生活に戻るための準備を目的とした施設になるため短期入居となります。また、基本的に個人設備はなくすべて共有設備となっている点も介護老人保健施設の特徴です。

「介護療養型医療施設」


出典:写真AC

介護療養型医療施設では、手厚い医療サービスや介護サービスを受けることができます。そのため、介護度の高い要介護者向けの施設で、原則65歳以上の要介護度1以上の方が入居条件となっています。

また、利用者100人に対して医者3人が常勤し、被介護者6人に対して1人以上の介護者配置が義務付けられているので、安心してサービスを受けることが可能です。

ただし、介護療養型医療施設では、老人ホームなどに見られるレクリエーションなどの生活支援が少ないため、医療施設としての認識を持つと良いでしょう。

老人ホームや介護施設を探していてもどこが良いのかなかなかわからないものです。そこで、特別養護老人ホーム以外にもケアハウスやグループホームなど多くの介護サービスを提供している社会福祉法人浴風会さんを紹介します。

【社会福祉法人 浴風会】

住所:〒168-0071東京都杉並区高井戸西1-12-1
電話番号:03-3334-2101
URL:http://www.yokufuukai.or.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す