一時保育でリフレッシュはダメ?|預ける理由・メリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保育園に入れず在宅で子供の面倒を見る人が、保育が必要となった時に利用できるのが「一時保育」です。今回は、一時保育を利用する理由や申込み方法をご紹介します。

一時保育とは?


出典:写真AC

一時保育とは、保護者が何らかの理由で子供の面倒が見れないときに1日や短時間だけ利用できる制度になります。保育士が子供の年齢にあわせて保育をしてくれるため、安心して預けることができるのです。

しかし、待機児童の多い地域では一時保育が必要でも入ることができなかったり、利用までに時間がかかったりと、なかなか希望する形での利用が難しいようです。

基本的には、認可保育園で通常の保育とは別に行われていますが、認可外保育園でも一時保育を行っているところもあります。預かってもらえる時間や料金などは各施設によって異なりますのでHPでチェックまたは、保育園に問い合わせてみてください。

一時保育を利用する理由


出典:写真AC

一時保育を利用する理由は様々です。では、世のお母さんはどんなときに一時保育を利用しているのか見ていきましょう。

①緊急保育

まず、一時保育を利用する理由として挙げられるものが「緊急保育」です。緊急保育とは、急な入院や出産、冠婚葬祭など一時的に子供の保育が必要なときに申請できます。預けられる期間は、一般的に連続して2週間程度と決められているところが多いようです。

②非定型保育

次に、一時保育を利用する理由として挙げられるものが「非定型保育」です。非定型保育とは、保護者の方が働いていたり学校に通われていたり親戚を看護していて子供の保育が必要な際に申請できます。預けられる期間は、一般的に週3日など曜日を決めて1か月に120時間程度と決められています。

③リフレッシュ保育

最後に、一時保育を利用する理由として挙げられるものが「リフレッシュ保育」です。リフレッシュ保育とはその名の通り、育児での心身的な疲れを癒すためなどの理由で子供の保育が必要なときに申請できます。

子供と2人きりで心身ともに疲れやストレスがたまると、育児ノイローゼになってしまう危険性もあります。リフレッシュ目的で一時保育を利用することにうしろめたさを感じている人も多いですが、子供のためにも時にはリフレッシュが必要なのです。

預けられる期間は一般的に、1日に1回となっています。

一時保育の利用時間と料金・持ち物


出典:写真AC

施設によって利用可能時間や料金は様々ですが、土曜日も運営しているところもあれば平日のみの施設もあります。一般的に、朝の8時30分から午後6までとなっているところが多いです。中には夜の8時まで預かってもらえる施設もあります。

年齢によって一時保育の料金が異なる施設もあれば、1時間~円と時間制で一時保育の料金が決まっているところなどがあります。無認可保育園の場合、1時間500円~800円のところが多く、1日預ければ4500円~7200円ほどかかります。

一方で、自治体が実施している一時保育制度の場合は、1日同じ時間預けても2000円~3000円とお財布に優しい料金設定となっているところが多いです。

お弁当やおやつはないので、各自で持参しなければなりません。また、全ての持ち物に名前を書くことも忘れないようにしてください。一時保育を利用する際に必要な持ち物をご紹介します。一時保育を考えている方はチェックしてみてください。

保険証のコピー

着替え

おむつ(必要に応じて)

お尻ふき(必要に応じて)

帽子

お昼寝用の布団(タオルケットでも可)

ビニール袋(汚れ物を入れるため)

ミルク・哺乳瓶

水筒

お弁当

おやつ

一時保育の使い方・申し込み方法をチェック


出典:写真AC

では、実際に一時保育の使い方や申込み方法について見ていきましょう。まず。申込みをする前に実際に保育園の様子を見学してみましょう。一時保育ではありますが、大切なお子さんを預ける環境は重要です。実際に、自分の目で見て確認してから申込みをしましょう。

見学も終わり、保育園に申込みや手続きをする場合は直接保育園に伺って面談や面接を行います。申し込み後、子供の状態や利用目的、希望時間・日数を確認するために面談をして、必要書類などの記入・登録が済んだら一時保育を利用できるようになります。

一時保育を利用する際には、予約が必須ですが施設によっては希望している曜日や時間に空きがない場合があり、一時保育をしばらく利用できない可能性もあります。

中には、当日に急な用事が入ってしまい夜間や祝日などに子供の保育が必要となる方もいることでしょう。そんな方のために、24時間緊急一時保育を行っている施設もあります。万が一に備えて、緊急時に利用できる一時保育をチェックしておくと良いでしょう。

一時保育の子供の過ごし方は?


出典:写真AC

では、一時保育での子供の過ごし方はどのようなものか見ていきましょう。

8:30~9:00 登園
9:00~10:00 室内遊び
10:00~12:00 外遊び・お散歩
12:00~13:00 お弁当
13:00~15:00 お昼寝
15:00~15:30 おやつ
15:30~18:00 室内遊び

基本的には、普通の保育園と変わりありません。食事や昼寝、遊びの時間が各施設ごとにしっかりとスケジュールに組まれており、保育士さんがしっかりと子供の面倒を見てくれるので心配はありません。しかし、子供が発熱してしまう場合もあります。そんな時、いつでも連絡が取れるようにしておきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す