幼稚園と保育園の違いとは?|選ぶときのポイント・転園の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小学校に就学する前に幼稚園または保育園に入園させる家庭が多いことでしょう。では、幼稚園と保育園の具体的な違いとは何でしょうか?今回はそのことも踏まえて幼稚園と保育園についてご紹介します。

幼稚園とは?

幼稚園は、3歳から小学校に入学する前までの年齢であれば入園することができます。

なぜ3歳なのかというと、3歳になると周りへの興味や関心が高まり人とのつながりや自立への一歩を踏み出し始めるため、幼稚園は学校教育法のもと、一人一人の良さや可能性を伸ばし、心身の発達を助長する役割を担っているのです。

また、幼稚園は遊びを目的とした教育も行っています。

幼稚園の先生になるには、幼稚園教諭免許状というものが必要です。幼稚園の開園時間は、施設によっても異なりますが大体朝の9時から14時くらいまでとなっていますが、最近ではもう少し子供を預かってほしいという要望もあり「預かり保育」を行う幼稚園も増えているようです。

保育園とは?


出典:写真AC

保育園は主に、0歳児から小学校入学前までの年齢の子供で、かつ親が働いていたり病気を患っているなど、やむを得ない事情のために家庭で子供を保育できない場合に、子供を保育してくれる場所です。預かってくれる時間帯としては、朝の7時30分~18時までとなっています。

保育園の先生になるには、保育資格証明書が必要となり、給食が必ず出るようになっています。

幼稚園と保育園の違いその1「費用」


出典:写真AC

幼稚園にかかる費用は主に、保育料・入園料・幼稚園指定の制服やグッズ・バスの送迎代などがあります。

一方で、保育園にかかる費用は主に、保育料と時間外保育の料金があります。ここで、押さえておきたいのが幼稚園の保育料は自治体や設置者が決めているため、一律ですが保育園の保育料は、各世帯の収入によって変わってくるということです。

また、それだけでなく保育園の場合は子供の年齢が低いほど保育料は高額になり、2人目以降は安くなるという特徴があります。

幼稚園の費用も公立幼稚園よりも私立幼稚園のほうが保育料や入園料などが高いです。

幼稚園と保育園の違いその2「学力」


出典:写真AC

幼稚園は文部科学省の管轄で、保育園が厚生労働省の管轄のことや、学習の取り組み方から「幼稚園に入れたほうがきちんと学力がつくのでは?」と考える方も少なくないでしょう。

しかし、実際のところ幼稚園も保育園も同等の学習を受けることができるため大きな学力の差が生まれることはほとんどないと考えて良いです。

幼稚園は、小学校就学準備のために時間割を組んで学習の時間を取り入れているところが多いですが、保育園も学習の時間を積極的に取り入れているところもあります。また、「遊び」を通じて子供の可能性や成長を促す学習を行っている場合もあります。

幼稚園と保育園の違いその3「先生」


出典:写真AC

上記にもある通り、幼稚園は文部科学省の管轄となるため「学校」に分類されるため幼稚園教諭免許が必要となります。一方で、保育園は厚生労働省の管轄となり、保育士の資格が必要となるのです。

この両者の違いは仕事面でも現れており、幼稚園教諭はあくまでも「先生」であるため子供の成長を促したり、教育を行うことが主な役割となっています。

一方で、保育士は保護者の代わりとなって生活を支えていくので、基本的な生活習慣やマナーを身に着けられるようにすることが仕事となります。

また、幼稚園教諭と保育士ともに、公立の方が所得や福利厚生が良い傾向にあります。

幼稚園と保育園の違いその4「入園条件」


出典:写真AC

幼稚園は入園する際に特に条件を設けていませんが、保育園は違います。保育園は具体的に以下の条件、いずれかを満たしていれば入園することができます。

①保護者の居宅外就労(家の外で働いている)

②保護者の居宅内就労(家の中で働いている)

③出産前後

④保護者のけがや病気、心身障害

⑤同居親族の介護

⑥災害の復旧

ただし、③出産前後の場合は入園期間が限られますのでご注意ください。また、これらの要件に加えて家庭の環境によっては調整指数が加算されます。

幼稚園と保育園の違いその5「保育時間」


出典:写真AC

既述の通り、幼稚園よりも保育園の方が保育時間が多いことが特徴です。幼稚園が原則4時間以上の保育時間に対して、保育園は原則8時間以上の保育時間が決められています。

また、最近では14時で閉まってしまう幼稚園が保護者の要望や遊び場の状況から、「預かり保育」として時間を延長してお子さんを預かっている幼稚園も増えてきたようです。

幼稚園と保育園の違いその6「管轄・保育内容」

幼稚園の管轄は文部科学省となるため、あくまでも「学校」という分類となり幼稚園の先生も「教諭」となります。一方で保育園は、厚生労働省の管轄となるため保育士は保護者の代わりとなって子供の保育をしなければなりません。

幼稚園は幼稚園教育要領のカリキュラムのもと、子供たちの保育を行い、そして健康・人間関係・環境・言葉・表現の5つにおいて運動や音楽などの遊びを通じて子供たちの成長や可能性を支えていきます。

一方で、保育園は子供の年齢や発達に合わせて基本的な生活習慣や集団の決まりなどを母親の代わりに教えていきます。また、幼稚園と同様に遊びを通じて個人の成長や能力を伸ばしていく保育も行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す