保育士の給料はなぜ低いのか?保育士確保の取り組み・平均年収・現状

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

待機児童が増え、保育士の活躍がますます期待されています。しかし、給料が安いことや処遇などから保育士の数が少ないことも直面している現状です。今回は、保育士の給料についてご紹介します。

保育士の平均年収は?~公私別~


出典:写真AC

では、まず初めに公立保育園と私立保育園で働く保育士の給料を見ていきましょう。公立保育園で働く場合は地方公務員という扱いになります。一方で、私立保育園は民間企業と同じ扱いです。

初任給は公立と私立ともに16万円~18万円と変わりはありません。

しかし、公立保育園は勤続年数によって昇給していくため私立保育園の給料とは大きな差が生まれます。また、その昇給システムから公立保育園の場合、離職率が少ないということも特徴です。

一方で、私立保育園は長く働いていても給料がさほど上がらなかったり、仕事量に対しての少ない給料に不満を感じ離職率が高いという特徴があります。

以下の表は、平成28年度の練馬区人事行政と厚生労働省の賃金構造基本調査をもとに作成したものです。表を見てみると、平均月収はもちろん、ボーナスまで2倍以上の差があり、平均年齢も公立保育士方が高めとなっています、

平均月給 平均年収 ボーナス 平均年齢
公立保育士 317,058円 657,9364円 1712,104円 45歳
私立保育士 221,900円 3247,000円 584,200円 36.3歳

保育士の平均年収は?~男女・年齢別~


出典:写真AC

次に保育士の平均的な給料を年齢別で見ていきましょう。年齢だけでなく、男女でも若干給料が異なってきます。
※厚生労働省の賃金構造基本調査を参照

女性保育士の平均給料

年齢 月額給料 ボーナス
20~24歳 20万400円 46万1500円
25~29歳 21万6100円 64万500円
30~34歳 22万4600円 68万400円
35~39歳 22万9600円 65万3200円
40~44歳 24万1500円 72万6400円
45~49歳 24万7100円 74万8400円
50~54歳 25万5400円 82万4400円
55~59歳 26万3700円 84万3200円
60~64歳 28万1700円 89万4500円
65~69歳 26万1300円 69万1300円

男性保育士の平均給料

年齢 月額給料 ボーナス
20~24歳 20万5500円 31万6300円
25~29歳 22万7800円 52万7600円
30~34歳 25万6000円 84万8900円
35~39歳 27万円 90万4300円
40~44歳 30万8100円 90万9700円
45~49歳 34万7300円 118万7900円
50~54歳 36万8300円 148万5400円
55~59歳 31万1200円 84万8300円
60~64歳 52万8900円 239万3700円
65~69歳 29万3700円 120万3800円

表を見てみると、男女ともに60~64歳をピークに月額給料とボーナスが多くなっています。しかし、全体的に見てみると女性保育士の給料よりも男性保育士の給料のほうが多いことがわかります。

保育士の平均年収は?~都道府県別~


出典:写真AC

最後に、保育士の給料を都道府県別に見ていきましょう。地方と都内では、どちらの方が給料が高いのでしょうか?

 保育士の年収(都道府県別)
北海道  312.3万円 群馬県 342.2万円 岐阜県 317.6万円 和歌山県 326.9万円 福岡県  350.9万円
青森県 293.9万円 埼玉県 331.8万円 静岡県 341.3万円 鳥取県 298.5万円 佐賀県 310.1万円
岩手県 335.3万円 東京都 397.6万円 愛知県 377.8万円 岡山県 366.3万円 長崎県 324.3万円
宮城県 307.7万円 神奈川県 358.8万円 三重県 304万円 広島県 322.9万円 熊本県 338.8万円
秋田県 317.2万円 新潟県  328.8万円 滋賀県 358.6万円 山口県 354.1万円 大分県 297.8万円
山形県 313.4万円 石川県 318.9万円 京都府 403.6万円 徳島県 322.5万円 宮崎県 354.1万円
福島県 306万円 福井県 339.2万円 大阪府 318.1万円 香川県 330.6万円 鹿児島県 294.6万円
茨城県 296.7万円 山梨県 347.2万円 兵庫県 356.9万円 愛媛県 285.1万円 沖縄県 289.6万円
栃木県 335.9万円 長野県 342万円 奈良県 317.7万円 高知県 327.1万円  千葉 329.3万円

保育士確保の取り組み~地方自治体~


出典:写真AC

近年、日本全国で待機児童が増えており深刻な問題となっています。

しかし、保育士施設の数は少なく、保育士の給料が安いことから保育士の数も減少しています。そこで、政府は各市町村に向けて保育士の人材獲得を目的とした取組を呼びかけました。新規就労祝い金を出すところもあれば、引っ越し祝い金や家賃補助をしているところもあります。

また、厚生労働省では、「待機児童解消加速プラン」により保育士を確保するため民間保育士として働く保育士の給料を平均5%改善したり、出産や子育てで休職または退職した方や、復帰を希望している方に向けて研修の場を設け、復帰しやすい環境を作る、といった取組を行っています。

しかし、この改善を実感している保育士の方は少ないでしょう。

待機児童の多い沖縄県浦添市(うらそえし)では、県外から3年間の応援保育士を募集しています。その際に、県外から来る際の支度金を上限50万円支給し、1年以上継続して勤務した場合は上限25万円の謝礼金をもらうことができます。

また、千葉県船橋市でも、保育士確保の取り組みを行っています。船橋市内の民間保育園に勤務している場合、”ふなばし手当”として給料に上乗せして月額42,220円期末手当として73,560円が船橋市から支給されます。また、家賃も上限82,000円まで補助してくれるのです。

他にも、千葉県の松戸市では修学資金の貸付を最大192万円行っており、松戸市に在住しながら市内の保育園に保育士として5年間勤務した場合には返金しなくても良い、全額免除の取組を行っています。また、船橋市同様に”松戸手当”として給料に上乗せして月額45,000円~72,000円を支給しています。

保育士確保の取り組み~国~

国が取り組んでいる保育士確保策としては、年1回開催されていた保育士試験を年2回にしたり受験費用の補助、再就職支援などを行い、保育士確保に臨んでいます。

今後、新たに約6.9万人の保育士が必要となるため、その規模の保育士を確保するために専門学校の修学資金の貸付や保育士への処遇改善を実施しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す