西荻窪ランチ10選│有名店から穴場店まで!アクセス・営業時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お洒落な雰囲気で知られ、住みたい街ランキング上位常連の、吉祥寺の隣に位置するのが通称「西荻」と呼ばれる西荻窪駅です。

1日の乗降客数約45,000人と都内の中央線沿線の駅としては少なめで、カフェや喫茶店、雑貨店、ベーカリー、アンティークショップ、古書店などが立ち並ぶ落ち着いた雰囲気の西荻窪は女性ファッション誌に取り上げられるなど静かなブームとなっています。

下町とも違う独特の雰囲気を求めて西荻窪を訪れる人達に人気なのが西荻窪グルメを気軽に楽しめる「西荻ランチ」です。今回は、西荻窪のおすすめのランチスポットを紹介します。

西荻窪のおすすめランチ①りげんどう


出典:Flickr

西荻窪駅南口から徒歩約2分、中通街アーケードを抜け道路を渡り路地に入ると、昭和初期に建てられたノスタルジックな木造住宅をリノベーションしたカフェ「Re:gendo(りげんどう)」に辿り着きます。

りげんどうは、島根県で「群言堂」などのブランド名で衣類や雑貨を販売する「株式会社石見銀山生活文化研究所」が「食と雑貨を通して島根の文化を伝える場」をコンセプトにプロデュースし、運営しています。

11:00~14:30のランチタイムに提供されるランチメニューも素朴ながらも心がこもった月替わりの「むすび膳」、「にぎり膳」と古き良き日本を彷彿させるメニューを提供しています。

りげんどうでは「出汁取り教室」や「金継ぎで器をなおそう」など様々なワークショップも開催されています。

【店舗情報】
・住所:東京都杉並区松庵3-38-20
・アクセス:「西荻窪駅」より徒歩2,3分
・営業時間:11:00~18:00
・電話番号:(03)5941-8664
りげんどう (Re:gendo)の詳細情報はこちら│食べログ

西荻窪のおすすめランチ②夢飯


出典:Flickr

西荻窪駅北口から徒歩約2分の場所には、シンガポール風チキンライスの「海南鶏飯」を提供する「夢飯(ムーハン)」があります。

2000年から営業する夢飯は、日本初のチキンライス専門店として蒸し鶏とチキンスープでジックリと炊き上げた本格的なシンガポール風チキンライスを提供しています。

シンガポールではジャスミンライスで提供されているチキンライスを、日本米で炊き上げるなどのアレンジを加え日本人の味覚に合わせながらも、醤油は中国醤油を使用するこだわりの味わいは、開店から閉店までひっきりなしに訪れる地元客の多さを見ても試してみる価値があることを確信できます。

電話で2テーブルまで予約が可能なので、西荻窪でオリエンタルランチを楽しみたいときには是非足を運んで見てくださいね。

【店舗情報】
・住所:東京都杉並区西荻北3-21-2 徳田ビル 1F
・アクセス:JR中央線「西荻窪駅」北口より徒歩2分
・営業時間:11:00~22:00
・電話番号:03-3394-9191
海南チキンライス 夢飯 西荻窪本店の詳細はこちら│食べログ

西荻窪のおすすめランチ③たべごと屋のらぼう


出典:Pixabay

西荻窪っ子の間では知らない者がいないほどの人気店が、西荻窪駅北口から徒歩約10分「たべごと屋NORABOのらぼう」です。

アットホームな雰囲気の店内で三鷹産の野菜を積極的に取り入れた優しさと力強さに溢れる和風創作料理を楽しむことができます。

営業時間は予約で埋まっていることが多く確実に座るためには予約を入れることをおすすめします。忙しいので予約は営業時間外にしたほうが良いでしょう。

西荻ランチを楽しんだあとのディナータイムはのらぼうのアットホームな雰囲気を楽しみながら西荻窪談議に花を咲かせるのも楽しいひと時ですね。

【店舗情報】
・住所:東京都杉並区西荻北4-3-5
・アクセス:中央線「西荻窪駅」より徒歩10分
・営業時間:17:00~23:00
・電話番号:03-3395-7251
たべごと屋のらぼうの詳細情報はこちら│食べログ

西荻窪で体験できる レトロな銭湯の番頭体験

アンティークの街”西荻窪”で学ぶ|時計修理職人体験

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す