道の駅甘楽(かんら)を満喫|窯焼きピザや人気スイーツなどを紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

道の駅甘楽は、群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡444-1にあります。営業時間は、特産品の売店コーナーが9:00~18:00、お食事処が11:30~16:00、フードコートが10:30~16:30となっています。

休業日は元旦の1月1日でその日以外は毎日営業しております。アクセスは、富岡ICから車で10分程で駅からだと遠いので車でのアクセスをおすすめします。電話番号は0274-74-5445です。

駐車場は料金無料となっており、大型車が4台、小型車が65台、身障者用が2台駐車できるスペースが完備されています。

道の駅甘楽の名物


出典:Wikimedia Commons

道の駅甘楽の名物は、地元甘楽町の豊かな自然が生み出した特産品、新鮮な野菜や果物などです。 甘楽町は周囲を天然の野山に囲まれている、小麦や野菜の生産に適した土壌に恵まれているなど、甘楽ならではの美味しさを生み出す条件に恵まれています。

道の駅甘楽で食事をするなら、フードコートの人気メニュー・窯焼きピザと、お食事処の名物・桃太郎ご飯の定食がおすすめです。 お食事処には窓が大きく開放的なテーブル席と、のんびり座れるお座敷席があります。 道の駅甘楽の窯焼きピザは、甘楽の地粉をたっぷりと使い、職人が1枚ずつ専用の石窯で丁寧に焼いています。

定番のマルゲリータなど8種類の味があり、甘楽町オリジナルの「轟みそピザ」がおすすめです。 轟みそピザとは、麦粒みそトマトソースと春菊を組み合わせて焼いたています。 香ばしい味と香りで、焼きたてを熱々のうちに食べられます。

桃太郎ご飯はキジ肉・キビなどを使った混ぜごはんに、てんぷらや小鉢、味噌汁がついて、ボリュームいっぱいです。 キジ肉を使っていることから桃太郎ご飯の名前がつきました。 地元では学校給食にも使われるほどおなじみの味です。

道の駅甘楽の人気スイーツ

道の駅甘楽の人気スイーツは、フードコートで販売している「甘楽野ソフトクリーム」が人気です。 地元の酪農家が生産した品質の良いミルクを使ったソフトクリームです。

ミルクのコクはそのまま、甘さは控えめなので、甘すぎるスイーツが苦手な男性にもおすすめです。 ふんわりと柔らかな舌ざわり、さっぱりと食べられるライトな味わいになっています。 サイズが小さめのミニソフトもあるので、食後でも気軽に食べられます。

道の駅甘楽のお土産


出典:里の物語

道の駅甘楽でお土産を買うなら、地元甘楽町産の特産品がおすすめです。 季節ごとの農産物や果物、地元で手作りされた味噌や、こんにゃくの美味しさには定評があり、県内外から多くの観光客が訪れます。 道の駅甘楽では、甘楽町産の野菜や果物、漬物が定期的に届くシステム「城下町ふれあい便」も設けられています。

あらかじめ年会費を払うと、1年間に5回、甘楽町産の旬の味覚が自宅に届くシステムです。 甘楽町の姉妹都市であるイタリア・チェルタルド市から直輸入された、イタリアワインやオリーブオイルも好評です。

道の駅甘楽ではシーズンに合わせて、約30種類のイタリアワインを販売しています。 国内では道の駅甘楽だけでしか手に入らない限定ワインもあります。 バルサミコ酢・ワインビネガーなど、イタリア直輸入の物産も豊富です。

道の駅「日光街道ニコニコ本陣」を楽しむ|周辺スポットやお土産も

岐阜の名物食材7選|岐阜でしか味わえない家庭の味から高級食材まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す