幼稚園と保育園の違いとは?|選ぶときのポイント・転園の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼稚園・保育園を選ぶときのポイント


出典:写真AC

幼稚園や保育園を選ぶ際には家庭環境も重要となってきますが、ここでは具体的に幼稚園や保育園を選ぶ際に見ておくべきポイントをご紹介します。

①保育料や入園料について考える

保育料や入園料などは、事前に気になる幼稚園や保育園を調べて知っておきましょう。特に、保育園の場合は家庭の収入によって保育料が変動するので、確認が必要です。収入とかかる費用を照らし合わせて、どこの幼稚園または保育園が良いのか検討しましょう。

②保育内容と方法を見る

幼稚園・保育園ともに子供たちへの保育内容やその方法を見ておきましょう。実際に、見学に訪れてみると本当の現場や環境が見れるのでおすすめです。見学に訪れずに、後から後悔しないよう保育内容とその方法は確認しておきます。

③方針を決める

家庭の方針を決めて、それに沿った幼稚園または保育園を選びましょう。説明会や見学に行くと、幼稚園や保育園の方針がわかるため照らし合わすことができます。

④子供目線で見る

幼稚園や保育園に入り、過ごすのは保護者ではなく子供のため、子供が心地よい環境であることが最優先となります。

いくら、保護者の方針に合っていても子供がその環境に合っていなければ、他の幼稚園や保育園を検討すべきです。そのためには、見学やプレクラスなどに入ってみると良いでしょう。

幼稚園・保育園に転園する際の注意点


出典:写真AC

幼稚園や保育園に転園または入園する際の注意点を見ていきましょう。

まず、転園するということは新しい環境で1から友達作りや自分の位置を確立しなければならないということです。これは、メリットにもデメリットにもなります。

このことが子供にストレスとならないように、保護者の方がしっかり転園する前に考え、転園した後も園の先生と話し合って子供にとってより良い環境となるようにしていくと良いでしょう。

また、転園する際に転園理由を批判的なものではなく、前向きな理由で述べたほうが、気持ちよく退園することができます。

幼稚園と保育園それぞれの良さを見つけて

いかがでしたでしょうか?今回は幼稚園と保育園の違いについて見てきました。幼稚園は「学校」という分類で保育園が母親の代わりに保育をする「保育所」というものでした。

最近では、保育士不足や待機児童問題が騒がれています。今一度、保育園や幼稚園のあり方を見つめなおして「お母さん」に優しい環境となりたいものですね。

1日保育士になってみよう

今回、保育園と幼稚園の違いについてご紹介しました。そこで、大人の職場体験予約サイト「ココロミル」では、1日保育士の仕事を体験できるプランを掲載しています。

是非、チェックそして体験してみてください。

正しい子供の教育について学ぼう!1日保育士体験!|大人の職場体験予約サイト「ココロミル」

子供と遊ぶだけじゃない!?保育士の裏側を体験してみよう!|大人の職場体験予約サイト「ココロミル」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す