生活相談員になるには?仕事内容・メリット・デメリットをチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生活相談員とは


出典:Pixabay

生活相談員とは、介護を必要とする障害者や高齢者の方を対象に施設への入居相談をしたり、入居後の利用者とその家族の相談に乗る相談援助業務を行う専門職です。

生活相談員の資格はありませんが、介護資格を持ち、介護職の経験を積んだ人が生活相談員としてキャリアアップを図ることが多いようです。

利用者の方により快適に介護サービスを受けていただくために、ご家族との問題や経済的問題、精神的な悩み・不安と向き合って対処するのが生活相談員の役目となります。つまり、施設と利用者を繋ぐ橋渡しの役目を持っているのです。

生活相談員の仕事内容


出典:Pixabay

生活相談員の仕事は多岐に渡ります。利用者やそのご家族の相談援助をはじめ、施設の入退所の手続き・ケアプランの作成援助・関係施設との連絡と調整・介護スタッフのサポートなどを行います。時には、窓口に寄せられた苦情に対応することも生活相談員の仕事です。

生活相談員は、様々な仕事をこなすマルチプレイヤーですが主な業務が施設と利用者を繋げるための相談・連携・調整といえるでしょう。

生活相談員の給料と福利厚生


出典:Pixabay

では、気になる生活相談員の給料事情を見ていきましょう。

平成29年に行われた厚生労働省の調査によると、平均月収323,690円となっています。また、基本給を見てみると月額205,940円となっています。このことからもわかるように、介護職の中では比較的高い給料設定です。

現在、介護職の需要が高まっており、生活相談員の給料も平成28年に比べて10,320円上がっているため、今後も昇給の可能性が推測されます。

生活相談員は基本的に日勤のため、夜勤がありません。福利厚生は事業所や施設によって異なりますが、株式会社浴風会では育児休暇制度がしっかりしているため仕事復帰がしやすく、ほかにも育児短時間制度など子を持つお母さんに嬉しい福利厚生が多くあります。

生活相談員になるには


出典:Pixabay

生活相談員の資格はありませんが、生活相談員になるために必要な介護資格があります。また、自治体によって生活相談員になる際の要件が異なるので、事前に把握したうえで生活相談員を目指すと良いでしょう。

生活相談員に必要な資格

・社会福祉士
・精神保健福祉士
・社会福祉主事任用資格

自治体によって認められる資格・経験

・介護支援専門員(ケアマネジャー)
・介護福祉士(経験年数に指定がある場合あり)
・特養等で、ケアプラン作成に関わる実務経験が1年以上ある方
・老人福祉施設の施設長を経験した方

他にも、自治体によって2年以上の介護職員経験のある人や保育士の資格保有者を対象にしているところもあります。

生活相談員として働く際の注意点

出典:Pixhere

上記にもあるように、生活相談員の業務は事業所や施設など運営元によって異なります。そのため、面接時に仕事内容について確認しておくと良いでしょう。相談員の業務以外の仕事を任されることもあります。

そして生活相談員として気を付けなければならないことは、独断的な意見を述べてはならないという点です。

生活相談員は施設と利用者にとって中立的な立場でないといけないのでどちらかに偏った個人的な意見を軽率に述べてはいけません。どうしても、適切な意見が出せなければ他のスタッフに相談してみると良いでしょう。

伸び伸びと生活相談員として働きたいという方には浴風会さんがおすすめです。男女問わず活躍できる浴風会さんの職場をチェックしてみてください。

【浴風会】

住所:〒168-0071東京都杉並区高井戸西1-12-1
電話番号:03-3334-2101
URL:http://yokufuukai.or.jp/index.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連するキーワードから探す